競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > NHKマイルカップ(GI)

NHKマイルカップ(GI)

NHKマイルCは、1996年に4歳(現3歳)限定の定量戦の重賞競争として、現在と同じ「NHKマイルカップ」として創設されました。創設当初から、東京競馬場の芝1600mで行われていて、現在まで大きな変更はありません。出走資格は、2009年に外国馬に開放され、外国産馬と地方馬には、創設当初から開放されていました。このNHKマイルCの前身は、ダービーのトライアルレース「NHK杯」とされていて、創設当初は、外国産馬がダービーに出走できなかった為、目標となる大レースを創設する目的で、G1として創設されました。その為、2000年にダービーが外国産馬に開放されるまで、「マル外ダービー」と言われていました。 このNHKマイルCは、上記のように2000年まで、外国産馬の最大の目標レースとなっていて、外国産馬の実力馬が多数出走する傾向にあり、2001年まで6年連続で外国産馬が勝っていました。

2000年にダービーが外国産馬に開放されてからは、馬の距離適正を考慮してレースに出す傾向が強くなり、外国産馬の最大の目標ではなく、3歳馬のマイル最強決定戦という位置付けになってきています。さらには、皐月賞を回避して、NHKマイルCに出走し、そこからダービーに向かう馬も出てきています。また、桜花賞・皐月賞・オークス・ダービー・秋華賞・菊花賞のうち、2つのレースとNHKマイルCを絡めて、「変則三冠」と言われることもあります。実際にNHKマイルCを勝ち、さらにダービーを勝った馬としては、2004年のキングカメハメハと、2008年のディープスカイがいます。さらには2002年の3着馬タニノギムレットもダービーを勝っています。また、「マル外ダービー」と呼ばれていた頃の勝ち馬には、シーキングザパールやエルコンドルパサーなど、その後、国内や海外のG1を勝った馬がいます。

2012年のNHKマイルCは、前走のニュージーランドTを勝ち、3連勝で挑むカレンブラックヒル、前走の毎日杯で2着となり、3戦連続連対中のマウントシャスタ、朝日杯FSの勝ち馬アルフレード、前走のアーリントンCを勝ったジャスタウェイ、前走のファルコンSを勝ったブライトラインなど、重賞実績馬が多く出走し、その中から3歳マイルの頂点に立つのはどの馬かということが、レースの見どころでした。結果としてはカレンブラックヒルが1番人気に答えて勝ち、2着には3番人気のアルフレードが入り、3着には15番人気のクラレントが入りました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら