競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > CBC賞(GIII)

CBC賞(GIII)

CBC賞は、1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、現在同じ「CBC賞」のレース名で創設されました。創設当初は、中京競馬場のダート1800mで行われていましたが、翌年の1966年には別定戦に変更され、1970年には芝1800mに変更されました。さらに1971年には芝1400mに、1981年には芝1200mに変更されています。1984年にG3に格付けされましたが、1990年にG2に格上げされたものの、2006年にハンデキャップ戦に戻されたのと同時に、G3に格下げされ、現在に至っています。出走資格は、1990年に外国産馬に、1996年に地方馬に開放され、2004年には外国馬にも開放されています。なお、レース名は優勝杯を提供する中部日本放送(CBC)から取られています。

このCBC賞は、12月に開催されたり、6月に開催されたり、11月に開催されたりと、開催時期が色々変わってきましたが、現在では6月中旬もしくは、7月初旬に開催される1200mのレースであることから、秋のスプリンターズSを目指す馬が出走する傾向にあり、高松宮記念の出走馬や、短距離路線に絞った3歳馬が多く出走してきます。実際に2008年には、スリープレスナイトが、CBC賞を重賞初挑戦で勝ち、その後、北九州記念の勝ちを挟んで、スプリンターズSに出走し、勝っていて、さらに翌年の高松宮記念で2着に入っています。また、過去の勝ち馬には、フランスのG1アベイ・ド・ロンシャや、イギリスのG1ジュライCを勝ち、日本のG1ではスプリンターズSで2年連続2着になったアグネスワールドなどがいます。

2012年のCBC賞は、前年の同レースの勝ち馬で、JBCスプリント競争3着馬のダッシャーゴーゴー、阪急杯で勝ったものの、高松宮記念で5着だったマジンプロスパー、1200mのG3では2着が2回と好走するものの勝てず、NHKマイルCで3着になったこともあるグランプリエンゼル、5戦連続で複勝圏内に入っているエーシンヒットマン、シルクロードSで2着に入ったものの、その後苦しいレースが続いているエーシンダックマンなど、スプリンターズSに出走する為に、ここで勝っておきたいメンバー達が、どのような走りを見せて勝ってくれるのかが見どころでした。結果はトップハンデで2番人気だったマジンプロスパーが勝ち、今後が期待できる走りを見せてくれました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら