競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 鳴尾記念(GIII)

鳴尾記念(GIII)

鳴尾記念は、1951年にハンデキャップ戦として、6月と12月に阪神競馬場で行われる芝2400mのレースで、「鳴尾記念」のレース名で創設されました。6月に行われる鳴尾記念(春)は、5歳(現4歳)以上のレースとして行われていて、1953年に芝2200mの別定戦に変更されました。12月に行われる鳴尾記念(秋)は、4歳(現3歳)以上のレースとして行われていて、1952年には芝1800mに変更され、さらに1953年には芝2200mに変更されました。1954年からは年1回制となり、4歳(現3歳)以上の芝2200mで争われる別定戦になりました。1955年には5歳(現4歳)のハンデキャップ戦に変更され、1957年には芝2400mに変更されました。1981年には芝2500mに変更され、1987年には出走条件が4歳(現3歳)以上に変更されました。さらに1997年には芝2000mの別定戦に変更されたものの、2000年にはハンデキャップ戦に戻り、2006年には芝1800mに変更され、再度別定戦に戻されました。2012年には芝2000mに戻されています。出走資格は1997年に外国馬に開放されたものの、2000年には外国馬が出走できなくなり、変わりに地方馬に開放され、2006年からは、また外国馬に開放されています。

この鳴尾記念は、上記のように変更が多いレースで、その都度、位置づけも変わってきました。1997年に6月開催の芝2000mのレースで別定戦になったことで、宝塚記念のステップレースとして使用されるようになり、バブルガムフェローやダンスパートナー、エアグルーヴ、ステイゴールドなどの有力馬が、鳴尾記念に出走してから宝塚記念に向かっていました。しかし、2000年に12月開催に変更されたことで、宝塚記念のステップレースは、金鯱賞に引き継がれました。しかし、2012年には6月開催に戻った為、再び宝塚記念の前哨戦という位置づけに戻っています。

2012年の鳴尾記念は、前走の大阪杯を勝ったショウナンマイティ、前年の有馬記念3着で、日経新春杯の勝ち馬トゥザグローリー、前年の宝塚記念を勝っているアーネストリー、AJCC2着のナカヤマナイトなど宝塚記念を目指す馬達が、どのような走りを見せてくれるのかが見どころでした。結果としてはトゥザグローリーが勝ったものの、宝塚記念では12着と惨敗しました。しかし、2着のショウナンマイティが宝塚記念では3着に入っていて、今後も宝塚記念を見据えた走りが注目のレースです。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら