競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 高松宮記念(GI)

高松宮記念(GI)

高松宮記念の前身は、1967年に創設された「中京大賞典」で、1970年に高松宮宣仁親王から優勝杯を賜与されたことで、1971年に「高松宮杯」と名称変更されました。この時に、4歳(現3歳)以上の別定戦の重賞競争とされ、中京競馬場の芝2000mのレースとなっていました。開催時期は、創設当初は6月だったのですが、1987年には7月に変更されました。その後、1996年にG1に昇格した際に、5月開催に変更され、距離も芝1200mの定量戦に変更されました。さらに2000年には開催時期が3月末に変更され、馬齢制限も4歳(現3歳)以上から5歳(現4歳)以上に変更されています。出走資格は1989年に外国産馬に、1996年に地方馬に、2001年には外国馬に開放されています。レース名に関しては、1998年に現在の「高松宮記念」に変更されました。

この高松宮記念は、芝2000mで行われていた頃は、中京競馬場の夏の風物詩として注目され、ハイセイコー、トウショウボーイ、ハギノトップレディ、オグリキャップ、バンブーメモリー、ダイタクヘリオスなど、数々のG1馬が出走していました。1996年に芝1200mに変更になった後は、中央競馬のG1の中で唯一、4大場(東京・中山・京都・阪神)以外で行われるレースで、秋のスプリンターズSと共に、スプリント路線最強馬を決めるレースになっています。この高松宮記念とスプリンターズSのスプリントG1を同年で制した馬は、1996年のフラワーパーク、2001年のトロットスター、2009年のローレルゲレイロと3頭います。さらに、前年のスプリンターズSを勝って、翌年の高松宮記念を勝った馬も、2003年の勝ち馬ビリーヴと、2012年のカレンチャンの2頭います。しかし、高松宮記念を勝った年に、安田記念やマイルチャンピオンシップのマイルG1を勝った馬は、2011年現在では1頭もおらず、最強短距離馬ではなく、あくまで最強スプリンターを決めるレースという状況になっています。

2012年の高松宮記念は、8戦8連対で、京成杯、シルクロードSと重賞を2連勝してきたロードカナロア、前年のスプリンターズSを勝っているカレンチャン、阪神カップを勝ち、前走の阪急杯でも3着に入ったサンカルロの3強対決が見どころでした。また、カレンチャンは、ビリーヴ以来の、スプリンターズSと高松宮記念連覇になるかという点も見どころの一つでした。結果は、カレンチャンがクビ差で勝ち、見事にスプリンターズSとの連覇を達成しました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら