競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 青葉賞(GII)

青葉賞(GII)

青葉賞は、1984年に東京競馬場の芝2400mで行われる4歳(現3歳)限定の、定量のオープン競争として創設されました。その後、1994年にG3に格上げされ、さらに2001年にはG2に格上げされ、2003年には馬齢重量に変更され、現在に至っています。創設当初から、ダービーのトライアルレースに指定されていましたが、当初は上位3着までが優先出走権を与えられるようになっていて、1991年には上位2着までに変更されました。しかし、1994年に上位3着までに戻され、2010年には再び、上位2着までに変更され、現在に至っています。出走資格は、1995年に地方馬に開放され、2001年には外国産馬に、2010年には外国馬に開放されました。

この青葉賞は、ダービーと同じ、東京競馬場の芝2400mで行われることから、プリンシパルSや京都新聞杯と同じように、ダービーの前哨戦と見られています。ただし、1984年の創設当時から2012年の現在まで、青葉賞の勝ち馬でダービーを勝った馬はいません。とは言っても、ダービーで全く活躍していないわけではなく、1991年の勝ち馬レオダーバン、1994年の勝ち馬エアダブリン、2002年の勝ち馬シンボリクリスエス、2003年の勝ち馬ゼンノロブロイ、2006年の勝ち馬アドマイヤメイン、2011年の勝ち馬ウインバリアシオン、2012年の勝ち馬フェノーメノは、ダービーで2着になっています。また、1986年に青葉賞で2着になったグランパズドリームも、ダービーで2着になっていて、ダービー2着馬を多く輩出しているレースになっています。

2012年の青葉賞では、弥生賞では2番人気に推されながら、6着に沈み、雪辱を期すフェノーメノ、2連勝で上り調子のカポーティスター、スプリングSで4着と好走しながら、皐月賞では6着と沈み、ダービーの優先出走権を狙うサトノギャラント、前走の毎日杯で2番人気に推されながら、6着に沈んだアドマイヤブルーなど、実績馬が出走してない中、ダービー出走を目指す馬達が集結し、どの馬がダービーへの挑戦権を得るのかが見どころでした。結果としては、フェノーメノが上がり3F最速の末脚で、2着に2馬身1/2差をつけて快勝し、ダービー挑戦権を得ました。勝ったフェノーメノは、ダービーに出走したもののハナ差及ばず、史上初の青葉賞の勝ち馬でのダービー馬にはなれませんでしたが、今後もどのような馬が、ダービーへの挑戦権を獲得するのかが見どころのレースになっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら