競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 阪神牝馬ステークス(GII)

阪神牝馬ステークス(GII)

阪神牝馬Sは、1958年に4歳(現3歳)以上の牝馬限定ハンデキャップ戦の重賞競争として、「阪神牝馬特別」というレース名で創設されました。創設当初は阪神競馬場の芝1800mで行われましたが、1965年に芝1850mに、1966年に芝1900mに、1968年には芝2000mに変更されました。さらに1996年には芝1600mに変更され、2006年には芝1400mに変更され、現在に至っています。格付けは、1984年にG3に制定され、1994年にG2に格上げになり、その際に別定戦に変更されています。出走資格は1994年に外国産馬に、1996年に地方馬に、2006年に外国馬に開放されています。レース名は、2001年に現在の「阪神牝馬S」に変更されています。

この阪神牝馬Sは、エリザベス女王杯が古馬に解放されるまで、牝馬限定戦の中では、非常に重要度が高く、古馬牝馬の最強馬決定戦とも言われていました。さらに、12月に行われていたこともあり、牝馬の重賞レースの中で、1年を締めくくるレースにもなっていました。エリザベス女王杯が古馬に解放された時には、古馬牝馬最強決定戦の意味合いがなくなってしまいましたが、2006年に開催時期を4月に変更し、5月にヴィクトリアマイルが創設されたことによって、ヴィクトリアマイルの前哨戦として、重要な意味を持つようになりました。まだ、ヴィクトリアマイルが創設されて、あまり経っていない為、阪神牝馬Sに出走してヴィクトリアマイルを勝った馬は、2008年に阪神牝馬Sの勝ち馬となったエイジアンウインズのみですが、2011年に勝ったカレンチャンは、同年のスプリンターズSと翌年の高松宮記念とG1を2勝していますし、芝1400mという距離からしても、今後、阪神牝馬Sを勝った馬が、ヴィクトリアマイルだけではなく、スプリント路線やマイル路線で活躍する可能性もあるでしょう。

2012年の阪神牝馬Sは、前年の同レースで3着になり、前走の阪急杯では2着になったスプリングサンダーや、桜花賞馬のマルセリーナ、牝馬クラシック3冠馬で、阪神JFや前年のヴィクトリアマイルを勝ち、G1で5勝しているアパパネなど、比較的人気も分かれた中で、どの馬が勝つのかという点と、アパパネが復調しているかという点が見どころでした。しかし、アパパネは7着に沈み、勝ったのは11番人気のクィーンズバーンでした。ただ、2着になったマルセリーナは、同年のヴィクトリアマイルでも3着と健闘していて、今後が楽しみな牝馬が出てきたレースでもありました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら