競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 阪神大賞典(GII)

阪神大賞典(GII)

阪神大賞典は、1953年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の、重賞競争として創設されました。創設当初は12月に、阪神競馬場の芝2000mで行われていました。1955年には別定戦に変更され、1957年には11月初旬に芝2200mで行われるようになりました。さらに1961年には12月下旬に移設され、1965年には芝3100mに変更、1974年には現在と同じ芝3000mに変更されました。1984年にはG2に格付けされ、1987年には開催時期を現在と同じ3月下旬に、さらに5歳(現4歳)以上に変更されました。出走資格は、1978年に外国産馬に、1995年に地方馬に、2002年には外国馬に開放されました。

この阪神大賞典は、日経賞や大阪杯と同様に、天皇賞(春)の前哨戦として注目されていますが、日経賞は芝2500m、大阪杯は芝2000mに対し、阪神大賞典は芝3000mと、天皇賞(春)の3200mに最も近いので、特に重要視されるレースです。その為、天皇賞(春)を目指す実力馬が多く参戦し、さらに地方馬に限り、阪神大賞典の上位2着には天皇賞(春)の出走権が与えられるので、地方の有力馬も多く参戦する非常にレベルの高いレースとなっています。この阪神大賞典を勝って、同年の天皇賞(春)を勝った馬としては、1988年のタマモクロス、1991年、1992年と阪神大賞典・天皇賞(春)の両方を連覇したメジロマックイーン、1997年のマヤノトップガン、1998年のメジロブライト、1999年のスペシャルウィーク、2000年のテイエムオペラオー、2006年のディープインパクト、2008年のアドマイヤジュピタがいます。ただし、実力馬が出てくるだけに、1番人気馬が複勝圏内に入る確率が非常に高く、馬券的には堅く面白味がないレースとも言えます。

2012年の阪神大賞典は、何と言っても前年に皐月賞・ダービー・菊花賞のクラシック3冠に加えて、有馬記念も勝ち、G1で4勝したオルフェーヴルに、前年の天皇賞(春)を制したヒルノダムールや、ダイヤモンドSで2着に入ったギュスターヴクライなどが、どこまで戦えるのかという点が見どころでした。実際にオルフェーヴルは単勝1.1倍で、2番人気でさえ9.5倍と圧倒的な人気に推されました。しかし、オルフェーヴルは2着に敗れ、天皇賞(春)でも11着に沈んでいます。阪神大賞典は、今後もこのような圧倒的1番人気の馬が出てくる可能性が高いので、天皇賞(春)に向けて良い走りができるかという点も、大きな見どころとなっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら