競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 阪急杯(GIII)

阪急杯(GIII)

阪急杯の前身は、1955年と1956年の2年間だけ行われた「阪神記念」で、1957年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦として、「宝塚杯」のレース名で創設されました。創設当初は、阪神競馬場の芝2200mで行われていましたが、距離がころころと変更され、1960年に芝1800mに、1965年には芝1850mに、1967年には芝1900mに変更され、さらに1972年には芝1600mに、1981年には芝1400mに、1996年には芝1200mに変更され、2006年に現在の1400mに変更されました。レース名に関しては、1960年に阪急電鉄から優勝杯の提供を受けるようになったことから、現在の「阪急杯」に変更されています。負担重量は、2000年に別定戦に変更され、現在に至っています。出走資格については、1990年に外国産馬に、2000年に地方馬に、2005年には外国馬に開放されています。また、1997年に、出走条件が5歳(現4歳)に変更されています。

この阪急杯は、1996年に芝1200mになり、1997年には出走条件が5歳(現4歳)に変更されたことから、高松宮記念のステップレースとして使用されるようになり、さらに地方馬に限り、上位2着以内に入れば、高松宮記念の出走権をもらえることから、芝1400mに戻された現在でも、関西圏の馬と地方馬の高松宮記念の前哨戦と見られています。阪急杯の勝ち馬で、同年の高松宮記念を勝った馬は、2004年のサニングデールのみですが、阪急杯で勝てなかったものの、同年の高松宮記念を勝った馬は、1997年の7着馬シンコウキング、2003年の9着馬ビリーヴ、2005年の4着馬アドマイヤマックス、2006年の3着馬オレハマッテルゼ、2007年の3着馬スズカフェニックス、2009年の2着馬ローレルゲレイロがいます。

2012年の阪急杯は、前年のこのレースの勝ち馬で、高松宮記念で2着に入り、前走の阪神Cで勝ったサンカルロ、前走の東京新聞杯の勝ち馬ガルボの2強に、他の馬達がどう立ち向かうのかという点が見どころでした。結果は4番人気のマジンプロスパーが勝ち、上位2頭から離れた3番人気のスプリングサンダーが2着、サンカルロは3着、ガルボは5着でした。しかし、サンカルロは同年の高松宮記念で前年と同じ2着に入っていて、阪急杯は、高松宮記念の前哨戦として、今後も見どころが多いレースということを証明した結果となっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら