競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 神戸新聞杯(GII)

神戸新聞杯(GII)

神戸新聞杯は、1953年に4歳(現3歳)限定のハンデキャップ戦の重賞競争として、「神戸盃」の名称で創設されました。創設当初は、阪神競馬場の芝2000mで行われていて、1957年には負担重量が別定戦に、1971年には定量に変更されました。距離は色々と変更されていて、1955年には芝1600mに、1956年には芝1800mに変更されたものの、1957年には芝2000mに戻りました。しかし、1968年に再度、芝1800mに戻り、翌年の1969年には芝1900mに変更されました。1972年に芝2000mに戻ってからは、2006年まで変更されませんでしたが、2007年に芝2400mに変更され、現在に至っています。負担重量も創設当初から何度も変更されましたが、2003年以降は馬齢重量で定着しています。レース名については、1972年に神戸新聞社から優勝杯を贈呈されるようになり、現在の「神戸新聞杯」に変更されました。出走資格は、1995年に地方馬に、2001年には外国産馬に開放されました。

この神戸新聞杯は、1995年に菊花賞のトライアルレースとなりましたが、当初はローテーションの関係で、有力馬は京都新聞杯を選ぶ傾向にあり、夏の上り馬がメインのレースでしたが、2000年に京都新聞杯が5月に移設されたことで、関西圏で唯一の菊花賞トライアルレースとなり、有力馬も神戸新聞杯から始動することが多くなりました。さらに2007年から芝2400mに延長されたことで、トライアルレースとしての位置づけが強くなりましたが、菊花賞より600m短い為、このレースの後、菊花賞に向かわず天皇賞(秋)に向かう馬もいます。

しかし、このレースに出走してから菊花賞を勝った馬も多くいて、神戸新聞杯を勝って、菊花賞を勝った馬だけ見ても、1954年のダイナナホウシユウ、1965年のダイコーター、1971年のニホンピロムーテー、1974年のキタノカチドキ、1980年のノースガスト、1993年のビワハヤヒデ、1997年のマチカネフクキタル、2005年のディープインパクト、2011年のオルフェーヴルがいます。 2012年の神戸新聞杯は、皐月賞3着で、ダービー1着のディープブリランテ、皐月賞馬のゴールドシップ、皐月賞2着、ダービー4着で巻き返しを図るワールドエース、ダービー3着のトーセンホマレボシなど、クラシックで好走した関西馬が出走するかどうか、出走した場合、どのような走りを見せてくれるのかが、見どころになりそうです。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら