競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 皐月賞(GI)

皐月賞(GI)

皐月賞は、1939年に4歳(現3歳)限定の定量の重賞競争として、「横浜農林省賞典4歳呼馬」というレース名で創設されました。創設当初は横浜競馬場の芝1850mで行われ、東京優駿競争と京都農林省賞典4歳呼馬と合わせて、牡馬クラシック3冠競争を確立しました。1943年には、東京競馬場に移設され、1947年には芝2000mに変更されました。さらに1949年には、中山競馬場に移設され、芝1950mに変更されましたが、1950年には芝2000mに戻されました。レース名は、1944年に「農商省賞典4歳」に変更され、1947年には「農林省賞典」に、1949年に現在と同じ「皐月賞」に変更されています。出走資格は、1955年に地方馬に、2002年に外国産馬に開放されました。

この皐月賞は、言うまでもなく、ダービー、菊花賞と合わせてクラシック3冠になっていますが、近年では、NHKマイルカップ、ダービーと合わせて変則3冠と呼ばれることもあります。皐月賞は、クラシック3冠レースの中で、最初に行われ、さらに最も距離が短いことから、成長が早い馬で、スピードがある馬が勝ちやすいと思われることから、「はやい馬が勝つ」と言われています。クラシック3冠馬になるには、まず皐月賞を勝つ必要がありますが、3冠馬になったのは、1941年のセントライト、1964年のシンザン、1983年のミスターシービー、1984年のシンボリルドルフ、1994年のナリタブライアン、2005年のディープインパクト、2011年のオルフェーヴルの7頭しかいません。ただし、2011年のオルフェーヴルは、東日本大震災の影響で、皐月賞が中山競馬場ではなく、東京競馬場で行われた為、クラシック3冠馬に入れない方もいます。

2012年の皐月賞は、圧倒的な人気の馬がおらず、前走スプリングSで勝ったグランデッツァ、4戦3勝で2着1回と連対率100%のワールドエース、東京スポーツ杯2歳Sを勝ち、共同通信杯、スプリングSと連続2着のディープブリランテ、札幌2歳S、ラジオNIKKEI賞と連続2着で、前走の共同通信杯を勝ったゴールドシップの4頭が、単勝10倍を切る人気となっていて、どの馬が3冠への挑戦権を手に入れるのかが見どころでした。結果は、ゴールドシップが2着のワールドエースに2馬身1/2差をつける快勝でしたが、ダービーでは5着に沈み、2012年はクラシック3冠馬が出ないことが確定しました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら