競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 産経大阪杯(GII)

産経大阪杯(GII)

産経大阪杯は、1957年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、「大阪杯」というレース名で創設されました。創設当初は、阪神競馬場の芝1800mで行われていましたが、1965年には芝1850mに、1966年には芝1900mに、1972年には芝2000mに変更されました。さらに1973年には別定戦に変更され、1984年にG2に格付けされ、現在に至っています。レース名は、1964年に産経新聞社から優勝杯を提供されるようになり、「サンケイ大阪杯」に変更され、1989年に現在の「産経大阪杯」に変更されています。出走資格は、1984年に外国産馬に、1995年に地方馬に、2003年に外国馬に開放されています。

この産経大阪杯は、阪神大賞典や日経賞と同じように、天皇賞(春)の重要な前哨戦になっているだけでなく、芝2000mという距離から、安田記念や宝塚記念を目指す有力馬も出走してくる為、非常に豪華なメンバーが揃うレースとなっています。過去の勝ち馬では、1990年の勝ち馬スーパークリーク、2007年の勝ち馬メイショウサムソン、2011年の勝ち馬ヒルノダムールが、同年の天皇賞(春)を勝っています。また、1969年の勝ち馬ダテホーライ、1984年の勝ち馬カツラギエース、1993年の勝ち馬メジロマックイーン、1997年の勝ち馬マーベラスサンデー、2009年の勝ち馬ドリームジャーニーは、同年の宝塚記念を勝っています。さらに、優勝馬以外を含めると、産経大阪杯に出走した馬で、同年の天皇賞(春)・安田記念・宝塚記念のどれかを勝った馬は21頭にもなります。このことからも、春の古馬G1に向けた重要なレースとなっていることが分かります。

2012年の産経大阪杯は、中山金杯、中山記念と連勝で勝ちあがってきたフェデラリスト、昨年の天皇賞(秋)で勝ち、ジャパンCでは2着になったトーセンジョーダン、前走のAJCCで2着のナカヤマナイト、2010年のジャパンCの勝ち馬ローズキングダム、前年の宝塚記念の勝ち馬アーネストリー、鳴尾記念の2着馬ショウナンマイティなど、実績馬や実力馬が多く出走し、春のG1を目指す馬達の走りが見どころでした。結果としてはショウナンマイティが勝ち、宝塚記念でも3着と好走しました。また、3着になったトーセンジョーダンも天皇賞(春)で2着と好走し、春のG1の前哨戦らしいレースとなりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら