競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 毎日王冠(GII)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

毎日王冠(GII)

毎日王冠は、1950年に4歳(現3歳)以上の定量戦の重賞競争として、現在と同じ「毎日王冠」のレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝2500mで行われていましたが、1955年に別定戦に変更され、さらに中山競馬場の芝2600mに変更されました。しかし、1958年には東京競馬場の芝2500mに戻され、1959年には芝2300mに変更されました。さらに1962年には芝2000mに変更され、1964年には中山競馬場の芝2000mに変更されたものの、1968年に東京競馬場の芝2000mに戻されました。ところが、1970年にまた、中山競馬場の芝2000mに変更され、さらに1974年に東京競馬場の芝2000mに戻されています。1984年にはG2に格付けされると同時に、芝1800mに変更され、現在に至っています。出走資格は、1978年に外国産馬に開放されたものの、1984年には出走できなくなり、1989年に再度、外国産馬に開放されています。地方馬は1995年に、外国馬は1996年に開放されています。

この毎日王冠は、秋のG1競争の前哨戦となっていて、安田記念や宝塚記念に出走した後、休養していた馬が、秋のG1に向けての初戦に使われることが多く、芝1800mという距離から、天皇賞(秋)やマイルチャンピオンシップを目標とする馬が出走する傾向にあります。この毎日王冠の勝ち馬で、同年の天皇賞(秋)を勝った馬としては、1957年のハクチカラ、1986年のサクラユタカオー、1991年のプレクラスニー、1994年のネーハイシーザー、2006年のダイワメジャー、2009年のカンパニーがいます。また、毎日王冠の勝ち馬で、同年のマイルチャンピオンシップを勝った馬としては、1989年のオグリキャップ、1992年のダイタクヘリオス、1993年のシンコウラブリイがいます。

2012年の毎日王冠では、同年の安田記念の勝ち馬ストロングリターン、同レース2着馬グランプリボス、NHKマイルCの勝ち馬カレンブラックヒル、ラジオNIKKEI賞の勝ち馬ファイナルフォーム、エプソムCの勝ち馬トーセンレーヴ、同レース2着のダノンシャークなど、天皇賞(秋)やマイルチャンピオンシップを狙う馬の中から、どの馬が調教を順調にこなして出走してくるのか、また、どの馬が勝って波に乗るのかという点と、勝ち馬が秋のG1で、どのような走りを見せてくれるのかが見どころになります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら