競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 毎日杯(GIII)

毎日杯(GIII)

毎日杯は、1954年に4歳(現3歳)限定のハンデキャップ戦の重賞競争として、現在と同じ「毎日杯」のレース名で創設されました。創設当初は、阪神競馬場の芝2000mで行われていましたが、翌年の1955年には、別定戦に変更され、1984年にG3に格付けされました。また、2006年には芝1800mに変更され、現在に至ります。出走資格は、1992年に外国産馬に、1996年には地方馬に、2009年には外国馬に開放されました。このように、歴史があるレースの中では大きな変更が少ないレースになっています。

この毎日杯は、皐月賞の優先出走権を得られなかった馬や、関西の有力馬が獲得賞金を増やして、皐月賞に出走する為に使用され、皐月賞のトライアルレースではないのですが、皐月賞の前哨戦として使用されています。この毎日杯に勝って、皐月賞を勝った馬としては、1977年のハードバージ、1999年のテイエムオペラオーの2頭のみですが、1988年に毎日杯4着のヤエノムテキも皐月賞を勝っています。また、1971年の勝ち馬ニホンビロムーテー、1979年の勝ち馬ハシハーミットの2頭は、菊花賞を勝っていて、2004年の勝ち馬キングカメハメハ、2008年の勝ち馬ディープスカイの2頭は、NHKマイルカップとダービーを勝っています。さらには1996年の勝ち馬タイキフォーチュン、2001年の勝ち馬クロフネ、2010年の勝ち馬ダノンシャンティの3頭は、NHKマイルCを勝っていて、NHKマイルCの前哨戦としても非常に重要なレースになっています。

2012年の毎日杯は、きさらぎ賞2着のヒストリカル、京成杯3着のアドマイヤブルー、2月のデビューから2連勝で勝ち上がってきたマウントシャスタ、ディープインパクトを父親に持ち、3月のデビュー戦を快勝したエロイカ、前走の500万下を2馬身差つけて快勝したエアソミュールなどの中から、勝って皐月賞やNHKマイルCに出てくるのは、どの馬かということが見どころでした。結果はヒストリカルが勝ったのですが、皐月賞やNHKマイルCには出走せず、ダービーに直行したものの、18着に沈んでしまいました。また、出走馬全体の中からも皐月賞やNHKマイルCに出走した馬は少なく、良い成績も残せませんでしたが、過去の勝ち馬などから見ても、今後も皐月賞やNHKマイルCでの有力馬を見つける点が、見どころになるレースと言えるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら