競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 桜花賞(GI)

桜花賞(GI)

桜花賞は、1939年に4歳(現3歳)牝馬限定の定量の重賞競争として、「中山4歳牝馬特別」のレース名で創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝1800mで行われていましたが、1947年に、レース名を現在の「桜花賞」に変更すると同時に、京都競馬場の芝1600mに変更されました。さらに1950年には、阪神競馬場の芝1600mに変更され、1984年にグレード制になった際にはG1に格付けされ、現在に至っています。出走資格は1995年に地方馬に、2004年には外国産馬に開放されています。

この桜花賞は、オークス、秋華賞と共に牝馬三冠に入っていて、桜花賞を勝たないと3冠は達成できず、さらに上位4着までに入ると、オークスの優先出走権が与えられる為、非常に重要なレースとして見られています。過去に牝馬三冠を達成した馬は、1986年のメジロラモーヌ、2003年のスティルインラブ、2010年のアパパネがいますが、それ以外にも桜花賞馬は、その後、活躍する馬も多くいます。桜花賞の傾向としては、阪神競馬場で行われるということもあり、関西馬が強く、1997年から2003年まで17年連続で、関西馬が勝っていました。近年では、2006年のキストゥヘヴンや2010年のアパパネなど、関東馬が勝つこともありますが、まだ、関西馬が有利と見られています。また、単勝1番人気の馬が勝てないことも少なくなく、2008年には1着13番人気、2着15番人気、3着5番人気となり、三連単が700万馬券になったこともあります。

2012年の桜花賞は、阪神JFの勝ち馬で、前走のチューリップ賞3着のジョワドヴィーヴル、シンザン記念で牡馬相手に勝ったジェンティルドンナの2強に、阪神JF2着で、前走のフィリーズレビューを勝ったアイムユアーズ、4戦連続複勝圏内で、前走のクイーンCの勝ち馬ヴィルシーナ、阪神JFを含めてデビューからのレース全てで複勝圏内に入っているサウンドオブハートなどが、どう対抗するのかが見どころでしたが、結果はジェンティルドンナが勝っています。さらにジェンティルドンナは、オークスも勝ち、牝馬三冠が手に届く位置に来ました。その最大の障害となりそうなのが、この桜花賞で2着になり、オークスでも2着になったヴィルシーナで、来年以降も含めて、今後のG1は、この2頭から目が離せなくなりそうです。桜花賞は、このような今後の活躍が期待できる牝馬を、見つけられるところも大きな見どころになっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら