競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 東京新聞杯(GIII)

東京新聞杯(GIII)

東京新聞杯は、1951年に5歳(現4歳)以上の別定戦の重賞競争として、東京競馬場の芝2400mで争われる、「東京盃」という名称で創設されました。その後、1966年に中日新聞東京本社から優勝杯を贈呈されるようになり、「東京新聞盃」という名称に変更され、さらに1970年には現在の「東京新聞杯」に変更されました。距離に関しては1971年に芝2000mとなり、さらに1984年に現在の芝1600mに変更になると同時に、春の短距離路線に組み込まれました。負担重量は1959年にハンデキャップ戦になりましたが、1981年に別定戦に戻っています。

東京新聞杯は、1月下旬から2月初旬に開催される芝1600mの重賞ということから、高松宮記念やヴィクトリアマイル、安田記念など古馬の短距離路線を目指す競走馬が、多数出走します。さらに、この東京新聞杯を優勝した馬に、1986年の勝ち馬ギャロップダイナ、1996年の勝ち馬トロットサンダー、1999年の勝ち馬キングヘイロー、2002年の勝ち馬アドマイヤコジーン、2005年の勝ち馬ハットトリック、2007年の勝ち馬スズカフェニックス、2008年の勝ち馬ローレルゲレイロなど、その年の短距離G1で勝った競争馬や、その後の短距離G1で勝った競走馬がいることからも、G3にも関わらず、非常に注目度の高いレースになっています。この中でもギャロップダイナとトロットサンダー、アドマイヤコジーンは、その年の安田記念を勝っているので、安田記念を予想する上での参考レースにもなります。

2012年の東京新聞杯は、ディープインパクトを父親に持ち、京都金杯2着のダノンシャーク、同じくディープインパクトを父親に持ち、菊花賞出走馬のフレールジャック、皐月賞2着馬のサダムパテック、オープン2連勝で上がってきたコスモセンサー、京都金杯を勝ったマイネルラクリマの5頭までが、単勝10倍を切る人気となっていて、混戦状態の中、今後の短距離路線に、上ってくる競走馬が出てくるかが見どころでした。結果は8番人気のガルボが勝ち、そのガルボは安田記念で5着と、まずますの成績で終わりました。しかし、東京新聞杯で2着に入ったコスモセンサーは、安田記念で3着と好走しています。このように、安田記念などの短距離路線を見据えた上で、どのような戦いをしてくれるのかということと、今後活躍する競走馬が出てくるかということが、東京新聞杯の最大の見どころです。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら