競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)

東スポ杯2歳Sは、1959年に3歳(現2歳)限定の別定戦のオープン競争として、「東京3歳ステークス」というレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝1400mで行われていましたが、1970年に芝1600mに変更され、1984年には芝1800mに変更されました。それ以降は、大きな変更はなく現在に至っています。レース名は、1968年に「府中3歳ステークス」に変更され、1997年に東京スポーツから寄贈杯を受けたことに伴って、「東京スポーツ杯3歳ステークス」に変更され、2001年に馬齢表示が変更されたことで、現在の「東京スポーツ杯2歳ステークス」に変更されています。出走資格は、1996年に地方馬に、2010年に外国馬に開放され、外国産馬は創設当初から開放されていました。

この東スポ杯2歳Sは、京王杯2歳ステークスと共に、2歳G1の朝日杯フューチャリティステークスへの前哨戦として、位置付けられていますが、芝1800mと2歳戦としては長めの距離ということもあり、3歳クラシック競争も見据える馬が出走する傾向にあります。過去の東スポ杯2歳Sの勝ち馬で、朝日杯フューチャリティステークス(朝日杯3歳Sを含む)を勝った馬としては、1959年のマツカゼオー、1960年のハクシヨウ、1961年のカネツセーキ、1962年のグレートヨルカ、1976年のマルゼンスキー、1988年のサクラホクトオー、1995年のバブルガムフェロー、1998年のアドマイヤコジーン、2005年のフサイチリシャール、2009年のローズキングダムがいます。

さらに、その中でもハクシヨウはダービーを、グレートヨルカは菊花賞を勝っていて、東スポ杯2歳Sでは勝てなかったものの、その後のクラシックで勝った馬としては、1996年7着馬のサニーブライアンと2005年の2着馬メイショウサムソンが、皐月賞とダービーを勝っています。また、2011年の勝ち馬ディープブリランテのように、朝日杯フューチャリティステークスには出走せず、翌年のダービーを勝った馬もいます。

2012年の東スポ杯2歳Sは、新潟2歳Sの勝ち馬ザラストロ、札幌2歳Sの勝ち馬コディーノ、同レース2着のラウンドワールドなどの実績馬や、これからデビューする馬達、現在1勝の馬達の中から、どの馬が出走するのかというところも見どころですし、実績馬が勝つのか、上り調子の馬が勝つのかということや、その後、朝日杯フューチャリティステークスに向かうのかというところも注目点になっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら