競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 札幌2歳S(GIII)

札幌2歳S(GIII)

札幌2歳Sは、1966年に3歳馬(現2歳馬)の重賞競争として、札幌競馬場のダート1200mで競われる、「北海道3歳S」という名称で創設されました。当初は左回りだったのですが、1974年に馬場改修が行われ、1975年からは右回りに変更されています。さらに1989年に芝コースが新設されたことで、芝1200mに変更されました。1997年には、2歳馬の重賞競走で、早い段階から距離適性に合ったレースの選択肢を広げるという意味で、距離体系の整備が行われ、それに伴って芝1800mとなっています。出走資格は、1991年に外国産馬に開放、1995年からは、指定レースの2着以内に入った場合のみ、地方馬にも開放されています。レース名については、1983年に「札幌3歳S」に変更になり、2001年の馬齢表示変更に伴って、現在の「札幌2歳S」に変更されています。

この札幌2歳Sは、夏競馬で唯一の2歳馬の中距離重賞なので、翌年のクラシック予想に重要な役割を果たすレースです。さらにこの札幌2歳Sを勝った競走馬は、その後G1戦線で活躍することが多く、後の活躍を占う上でも重要なレースとなっています。具体的に例を挙げると、2000年に札幌2歳Sを勝ったジャングルポケットは、翌年のダービーとジャパンカップを勝っており、皐月賞でも3着と好走しています。2005年の勝ち馬であるアドマイヤムーンは、翌年のクラシックこそ皐月賞で4着になっただけですが、その年の天皇賞(秋)で古馬を相手に3着に入っていて、その後、ドバイデューティーFや宝塚記念、ジャパンカップとG1を3勝しています。さらに2008年の勝ち馬ロジユニヴァースは、皐月賞で1番人気ながら14着に沈んだものの、ダービーでは2番人気で1着になっています。

2012年のレースでは、ディープインパクトを父に持ち、3戦2勝で挑むラウンドワールドと、ネオユニヴァースを父に持ち、内田博幸が乗るトーセンパワフル、キングカメハメハを父に持ち、横山典弘が乗るコディーノの3強対決が見どころでした。結果としては3番人気のコディーノが1馬身3/4差をつけての完勝で、今後の活躍が期待できるレースになりました。1番人気のラウンドワールドは敗れてしまいましたが、今までとは違う展開でしたので、今後も順調に行けば、非常に期待できる1頭です。札幌2歳Sの最大の見どころは、勝ち負けよりも、その能力と可能性を見る点にあります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら