競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 札幌記念(GII)

札幌記念(GII)

札幌記念は、1965年にハンデキャップ戦の、ダート2000mの重賞レースとして創設されました。これは、当時の札幌競馬場に芝コースがなかった為で、1989年に芝コースが新設され、芝の育成・保護の為1年置いて、1990年から芝2000mのレースとなっています。負担重量は1997年に別定戦に変更され、2006年に実力馬の参戦を促進する目的から、定量に変更されています。出走資格は1978年に外国産馬に開放、1997年に地方馬に開放、2009年に外国馬に開放されました。さらに負担重量が定量に変更された年に、「サマー2000シリーズ」の第4戦に指定された為、シリーズ優勝を目指す馬にとって、重要な一線となっています。

この札幌記念は、夏競馬の中でも、非常に豪華な競走馬が出走することも多くあります。これは、札幌競馬場が馬産地に近い為、美浦や栗東の暑さを避ける為に牧場で休養していた馬が出走しやすく、気候が涼しいので、馬への負担も少なく、秋競馬へのステップレースとして出走させやすい点があります。実際に、古くは1976年の皐月賞馬トウショウボーイと、同年のダービー馬クライムカイザーが出走したりしてますし、後に宝塚記念や有馬記念を勝ったメジロパーマー、その他にもホクトベガやマーベラスサンデー、セイウンスカイ、エアグルーブ、テイエムオーシャン、ファインモーション、ヘヴンリーロマンス、アドマイヤムーン、フサイチパンドラ、アーネストリーなど、G1を勝った馬が出ています。

2012年の札幌記念も2009年ダービー馬のロジユニヴァースや、2011年に天皇賞(春)を勝ったヒルノダムール、2011年天皇賞(秋)2着のダークシャドウなど、そうそうたるメンバーが出走していました。見どころは、単勝1.7倍の圧倒的1番人気に推された、ダークシャドウのレースだったのですが、残念ながら、4番人気のフミノイマージンにかわされ、2着になりました。ただし、この札幌記念は、すでにG1を勝っている馬や、G1への出走資格を満たしている馬の場合、あくまでステップレースなので、100%の仕上がりで出すことはあまりありません。逆にG1に出したいけど賞金がちょっと足りないという馬は、ここで稼ぐ為にキッチリ仕上げてきたりしますので、このレースを勝てなくても、本番のG1では勝つことも多くあります。どちらの場合も、秋以降のG1に出走する馬の状態など、非常に見どころの多いレースです。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら