競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 朝日杯フューチュリティステークス(GI)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

朝日杯フューチュリティステークス(GI)

朝日杯フューチャリティSは、1949年に3歳(現2歳)限定の別定戦の重賞競争として、「朝日盃3歳ステークス」のレース名で創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝1100mで行われていましたが、1959年に芝1200mに変更され、さらに1962年には、現在の芝1600mに変更されました。1971年には出走条件が馬齢重量に変更され、1984年にG1に格付けされ、現在に至っています。レース名は、1970年に「朝日杯3歳ステークス」に変更され、2001年に現在の「朝日杯フューチャリティステークス」に変更されました。出走資格は、1971年に外国産馬に、1995年に地方馬に、2010年に外国馬に開放されています。レース名は、一般的に「朝日杯フューチャリティS」や「朝日杯FS」と略されます。

この朝日杯フューチャリティSは、1990年まで、関西の阪神3歳ステークスと対を成して、関東の3歳(現2歳)チャンピオン決定戦という位置付けでした。その後、1991年に阪神3歳ステークスが、牝馬限定の阪神3歳牝馬ステークス(現在の阪神ジュベナイルフィリーズ)になったことから、関東・関西を問わず、2歳牡馬チャンピオン決定戦という位置付けになっています。

朝日杯フューチャリティステークスは、G1に格付けされた後、1986年の勝ち馬メリーナイス、1987年の勝ち馬サクラチヨノオー、1989年の勝ち馬アイネスフウジン、1991年の勝ち馬ミホノブルボン、1993年の勝ち馬ナリタブライアンとダービー馬を輩出した為、クラシックへの登竜門とも言われていました。ただし、それ以降は、皐月賞・ダービー・菊花賞の勝ち馬はいません。3歳のG1として見ても、2010年の勝ち馬グランプリボスが、NHKマイルCを勝ったのみとなっています。ただし、古馬のG1となると、バブルガムフェロー、グラスワンダー、アドマイヤコジーン、エイシンプレストン、アドマイヤドン、ドリームジャーニー、ローズキングダムなど多くの馬が勝っています。

2012年の朝日杯フューチャリティSでは、新潟2歳Sの勝ち馬ザラストロ、札幌2歳Sの勝ち馬コディーノ、小倉2歳Sの勝ち馬マイネルエテルネルなどの、重賞勝ち馬や今後の重賞を勝った馬が勝つのか、今後デビューしたり、オープン競争を勝ったりして、調子が上がっている馬が勝つのかという点と、このレースの勝ち馬が、今後どのような活躍を見せてくれるのかが、大きな見どころになります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら