競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 朝日チャレンジカップ(GIII)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

朝日チャレンジカップ(GIII)

朝日チャレンジCは、1950年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、「チャレンジカップ」というレース名で創設されました。創設当初は、阪神競馬場の芝2400mで行われていましたが、1952年に芝2000mに変更され、1953年に朝日新聞社から寄贈杯を受けたことから、現在の「朝日チャンジカップ」というレース名に変更されました。1954年には別定戦に変更されましたが、1957年にはハンデキャップ戦に戻されました。しかし、1981年には再度、別定戦に変更されました。その後、1984年にG3に格付けされ、2012年には、芝1800mのハンデキャップ戦に変更されています。出走資格は、1978年に外国産馬に開放されたものの、1984年に出走できなくなり、1993年に再度、外国産馬に開放されました。地方馬は1997年に、外国馬は2005年に開放されています。レース名は、一般的に「朝日チャレンジC」や「朝日CC」と略されています。

この朝日チャレンジCは、レース名のように、3歳馬が4歳以上の古馬に挑戦するレースとして位置付けられていて、1963年から1968年まで6年連続で3歳馬が勝ったり、1968年や1970年には、その年のダービー馬であるタニノハローモア、タニノムーティエが出走したりしていました。しかし、3歳馬は徐々に菊花賞やエリザベス女王杯、秋華賞のトライアルレースに出走するようになり、1984年にG3に格付けされてからは、天皇賞(秋)に向けてのステップレースとして使用されるようになりました。実際に朝日チャレンジCの勝ち馬の多くは、同年の天皇賞(秋)に出走していますが、勝った馬はおらず、1993年の勝ち馬ウィッシュドリームが3着になったのが最高で、他には1996年の勝ち馬マーベラスサンデーと、2001年の勝ち馬イブキガバメントが4着になった程度です。ただし、マーベラスサンデーのように、翌年以降G1を勝った馬は多くいます。

2012年の朝日チャレンジCは、12月開催に変更になり、G1路線を目指しながらも届かなかった馬などが、年度の締めくくりとして出走する可能性が高く、翌年に向けて、良い走りをしておきたいという思いもありますので、G1路線の馬は出走しないかもしれませんが、逆に同じ位のレベルの馬が集まるようになりますので、接線となり面白いレース展開が見どころになるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら