競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 有馬記念(G1)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

有馬記念(GI)

有馬記念は、1956年に4歳(現3歳)以上の馬齢重量による重賞競争として、「中山グランプリ」のレース名で創設されました。創設当初は、中山記念の芝2600mで行われていて、1957年に、現在と同じ「有馬記念」というレース名に変更されました。さらに1966年に、現在と同じ芝2500mに変更され、2001年に馬齢重量から定重量に変更され、現在に至っています。出走資格は、1971年に外国産馬に、1995年に地方馬に、2007年に外国馬に開放されています。レース名は、中山グランプリを提案した当時の理事長である有馬氏が、1957年に急逝した為、その功績を称えることから現在の「有馬記念」に変更されました。

この有馬記念は、ファン投票による出走馬の選出となっていて、当時は世界の競馬先進国でも類を見ない画期的な方法でした。現在でもファン投票による選出方法は続いている為、非常にレベルの高いレースとなっています。しかし、ファン投票1位の馬が勝ったことは、多くはなく、1957年のハクチカラ、1962年のオンスロート、1965年のシンザン、1972年のイシノヒカル、1976年のトウショウボーイ、1977年のテンポイント、1985年のシンボリルドルフ、1990年のオグリキャップ、1994年のナリタブライアン、2000年のテイエムオペラオー、2003年のシンボリクリスエス、2004年のゼンノロブロイ、2006年のディープインパクトと、2011年まで56回開催されたうち、13頭となっています。

また、実力馬が集うレースだけに、連覇するのが難しく、2011年までに有馬記念を連覇した馬は、1969年と1970年のスピードシンボリ、1984年と1985年のシンボリルドルフ、1998年と1999年のグラスワンダー、2002年と2003年のシンボリクリスエスの4頭のみとなっています。

2012年の有馬記念も、ファン投票により出走馬が選出されるので、皐月賞馬のゴールドシップ、天皇賞(春)の勝ち馬ビートブラック、桜花賞・オークス馬のジェンティルドンナ、ダービー馬のディープブリランテ、宝塚記念の勝ち馬オルフェーヴルなどのG1馬や、好走した馬などの中から、どの馬が選ばれ、出走してくるのかという点と、その豪華なメンバーの中から、最強馬となるのはどの馬かという点、また、オルフェーヴルは5頭目の連覇となるかなどが、大きな見どころになるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら