競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 日経賞(GII)

日経賞(GII)

日経賞は、1953年に4歳(現3歳)以上の別定戦の重賞競争として、「日本経済賞」のレース名で創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝3200mで行われていましたが、1958年には芝2600mに変更されました。1971年には芝2500mに変更され、1979年にはレース名が、現在の「日経賞」に変更されました。さらに、1981年には東京競馬場に移設されましたが、1984年には中山競馬場に戻されて、現在に至っています。出走資格は、1989年に外国産馬に、1995年には地方馬に、2002年には外国馬に開放されています。

この日経賞は、1984年に開催時期が3月下旬から4月初旬になって以来、関東圏における天皇賞(春)の重要な前哨戦と位置付けられています。さらに、関東圏だけではなく、関西圏の有力馬も出走する傾向にあり、地方馬に関しても日経賞で2着までに入ると、天皇賞(春)の出走権が与えられることから、G2にふさわしくレベルの高いレースとなっています。実際に1985年の勝ち馬であるシンボリルドルフ、1987年の勝ち馬であるミホシンザン、1993年の勝ち馬であるライスシャワーが、同年の天皇賞(春)を勝っていて、ライスシャワーに関しては、1995年の日経賞で6着になったものの、その年の天皇賞(春)を勝って、天皇賞(春)2勝をあげています。また、1984年4着のモンテファスト、2002年6着のマンハッタンカフェ、2009年2着のマイネルキッツは、同年の天皇賞(春)を勝っていて、日経賞をステップレースとして使用した馬は、天皇賞(春)で好走する傾向にあります。

2012年の日経賞は、前年の宝塚記念5着、有馬記念4着で、前走のAJCCの勝ち馬ルーラーシップが圧倒的人気を集め、ダービーと菊花賞ともに2着のウインバリアシオンが、ルーラーシップにどのように挑むのかが見どころだったのですが、勝ったのは12番人気の伏兵ネコパンチで、2着に2番人気ウインバリアシオン、3着にルーラーシップという結果になり、荒れたレースとなりました。その後ウインバリアシオンは、天皇賞(春)3着、宝塚記念4着と好走し、ルーラーシップは天皇賞(春)には出走せず、香港G1のクイーンエリザベスCを勝ち、宝塚記念では2着に入っていて、日経賞はいまだに、天皇賞(春)や宝塚記念の前哨戦として、重要なレースであることを再認識させられる結果になっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら