競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 日経新春杯(GII)

日経新春杯(GII)

日経新春杯は、名前にある通り、優勝杯を日本経済新聞社が提供していて、1954年に日本経済新春杯という名称で、5歳(現4歳)以上のハンデキャップ戦の重賞として、京都競馬場の芝2400mで創設されました。名称は1979年に、現在の日経新春杯に変更されています。負担重量が1981年に別定戦に変更され、1987年には芝2200mに距離も変更されましたが、1994年にハンデキャップ戦に戻り、1995年に芝2400mというように、創設当初の条件に戻されました。出走資格は、1990年に外国産馬に開放され、2006年に外国馬にも開放されています。

関西圏で、年明け最初に行われる芝のG2レースということで、春の中・長距離路線を狙う競走馬も出走しますが、同じ時期に開催されるアメリカJCCや、次開催に京都記念があり、アメリカJCCや京都記念は別定戦で、日経新春杯はハンデキャップ戦なので、獲得賞金が多い競走馬は、アメリカJCCや京都記念をステップレースとして、使用することも多くなっています。古い時代を知っている競馬ファンの中では、日経新春杯というと、テンポイントを思い出すという方も多くいます。これは1978年に、テンポイントの海外遠征が決まり、その壮行レースとして日経新春杯に出走したものの、負担重量が66.5kgと現在では考えられない状況により、レース中に左後肢を骨折し、競争を中止、引退を余儀なくされた上に、手術をしても改善せず、同年3月に死去した経緯があるからです。

ただし、別に縁起が悪いレースというわけでもなく、日経新春杯の勝ち馬には、1994年の天皇賞(春)を勝ったムッシュシェクルや、香港のG1である香港ヴァーズを勝ったステイゴールド、天皇賞(春)3着、宝塚記念2着、有馬記念3着のシルクフェイマスのように、その後も成長を続けた競走馬が多くいます。2012年は前年の有馬記念3着馬トゥザグローリーが、単勝1.6倍の圧倒的1番人気となり、本当に復調したかが見どころでしたが、見事に買っています。その後、宝塚記念は12着と不本意でしたが、今後も中・長距離路線で活躍が期待されます。このように日経新春杯は、その年以降の中・長距離路線を予想する上で、期待できる馬を探せるということも、見どころのひとつとなっています。ハンデキャップ戦なので、すでにG1を何勝かしている競走馬は出ないかもしれませんが、G1戦線に挑みたいという馬が多数いますので、将来が楽しみな馬も見つかるかもしれません。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら