競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 日本ダービー(GI)

日本ダービー(GI)

日本ダービーは、1932年に4歳(現3歳)限定の別定戦の重賞競争として、「東京優駿大競争」のレース名で創設されました。創設当初は、目黒競馬場の芝2400mで行われていましたが、1933年には定量戦に変更され、1934年には東京競馬場の芝2400mに変更されました。それ以降、大きな変更点はあまりなく、1984年にグレード制導入によってG1に格付けされたのみとなっています。レース名については、1938年に「東京優駿競争」に、1948年に「優駿競争」に変更され、1950年には現在の「東京優駿」に変更されました。なお、「東京優駿」にレース名が変更された年に、「日本ダービー」という副称が付けられ、略称として「ダービー」と言われています。出走資格は、1995年に地方馬に、2001年に外国産馬に、2010年には外国馬に開放されています。

この日本ダービーは、言うまでもなく、皐月賞・菊花賞とあわせて、中央競馬の牡馬クラシック三冠競争となっていますが、皐月賞は「最もはやい馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われているのに対して、日本ダービーは「最も幸運な馬が勝つ」と言われています。これは、圧倒的な有力馬と思われていた馬が、レース中に何らかのアクシデントを受けて勝てなかったり、レース前に出走を断念するような事態に見舞われた例が、少なくないことから、そのように呼ばれています。以前は、どの陣営でも日本ダービーを勝つことが最大の目標でしたが、近年では距離体系ごとのG1を含む重賞が整備されたこともあり、全ての競走馬が、日本ダービーを目指すという状況ではなくなりつつあります。しかし、ほとんどの陣営は、日本ダービーを勝つことを目標にしていて、距離適正が合わないようであれば、他のG1に出走させるという流れになっています。牡馬クラシックに位置付けられていますが、1937年のヒサトモ、1943年のクリフジ、2007年のウオッカと3頭の牝馬が勝っています。

2012年の日本ダービーは、皐月賞馬のゴールドシップが、三冠に王手をかけるかという点と、皐月賞2着馬で5戦連続連対中のワールドエースが、皐月賞の雪辱を果たすのかという点が見どころとなっていて、実際にワールドエースが単勝2.5倍で1番人気、ゴールドシップが単勝3.1倍で2番人気となっていて、3番人気の皐月賞3着馬ディープブリランテは、単勝8.5倍と他の2頭から、少し離されていました。しかし、勝ったのはディープブリランテで、ワールドエースは4着、ゴールドシップは5着となり、三連複が万馬券、三連単が8万馬券と、ちょっと荒れた結果に終わりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら