競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 新潟2歳ステークス(GIII)

新潟2歳ステークス(GIII)

新潟2歳Sは、1968年3歳馬(現2歳馬)による、新潟競馬場の芝1200mのオープン競争として創設されました。その後、1970年と1972年は芝1400mで、1973年は芝1600mで開催されましたが、それ以外の年は芝1200mで開催されました。さらに1981年、3歳の馬齢重量による重賞競争になりました。2000年までは、新潟競馬場のコースは右回りだったのですが、2001年に左回りのコースが完成し、同年のみ左回りの芝1400mで行われましたが、翌年の2002年以降は、左回りの芝1600mに変更され、現在に至っています。出走資格については、1994年に外国産馬に開放され、1995年には地方馬に、2010年には外国馬にも開放されました。名称の変更は、2001年に馬齢表示を国際基準に合わせることから、それまでの「3歳」を「2歳」と数えるようになることによって、「新潟2歳S」に変更されました。

この新潟2歳Sは、2歳で最初に行われるマイル以上の重賞競争ということもあり、関東馬だけではなく、関西馬も多く参戦していて、翌年のクラシック戦線を占う重要なレースのひとつと見られています。新潟2歳Sで勝った馬や、好走した馬は後に好成績を残すことも多く、重賞競争になった第1回目の勝ち馬であるビクトリアクラウンは、翌年のエリザベス女王杯を勝っています。特に2004年の出走馬のその後の成績は素晴らしく、1着のマイネルレコルトは、G1の朝日杯FSを勝ち、2着のショウナンパントルは、阪神ジュベナイルFを勝っています。さらに3着のスムースバリトンは、その後G3で勝ち、4着のフェリシアもG3を勝っています。これだけでは終わらず、5着のアイルラヴェゲインはその後、NHKマイルCで3着、スプリンターズSで3着などG1で好走していますし、6着のインティライミは、ダービーで2着、宝塚記念で3着になっています。

2012年の新潟2歳Sの見どころは、大きく突出した競走馬がいない混戦の中、どの競争馬が力を見せるのか、今後期待できそうな競走馬はいるかというところでした。結果としては、3番人気のザラストロが差しきって勝ち、2着には10番人気のノウレッジ、3着には9番人気のサウンドリアーナが入りました。ザラストロとノウレッジは、上がり3Fが33秒台と、非常に早いので、今後の成長によっては楽しみな競走馬です。このように、新潟2歳Sは、将来活躍する競走馬を、見つけられるかもしれないという見どころがあります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら