競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 弥生賞(GII)

弥生賞(GII)

弥生賞の前身は、1960年に創設された「東京記念」で、1964年に皐月賞の前哨戦として、4歳(現3歳)限定の別定戦の重賞競争として、現在と同じ「弥生賞」のレース名で創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝1600mで行われましたが、翌年の1965年には東京競馬場に移設され、1971年には再度、中山競馬場に移設され、芝1800mに変更されました。その際に、別定戦から馬齢重量に変更されています。さらに1984年には、皐月賞と芝2000mに変更され、現在に至っています。出走資格は、1984年に外国産馬に開放されましたが、1997年に混合競争から除外されたことで、外国産馬が出走できなくなり、2002年に再度、外国産馬に開放されました。また、1995年には地方馬に、2010年には外国馬にも開放されています。

この弥生賞は、皐月賞のトライアルレースだけあって、弥生賞を勝って、皐月賞を勝った馬も、1969年のワイルドモア、1970年のタニノムーティエ、1973年のハイセイコー、1975年のカブラヤオー、1978年のファンタスト、1983年のミスターシービー、1984年のシンボリルドルフ、1987年のサクラスターオー、2001年のアグネスタキオン、2005年のディープインパクト、2010年のヴィクトワールピサと、非常に多くいます。さらには、ダービーの勝ち馬も14頭いますし、その中には、クラシック3冠を達成した、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ディープインパクトも含まれています。さらには、弥生賞を勝ってはいなくても好走した馬も含めると、36頭が皐月賞・ダービー・桜花賞・オークスのどれかを勝っていて、クラシック路線に重要な影響を与えるレースになっています。

2012年の弥生賞では、前年のラジオNIKKEI杯を制したアダムスピークや、そのラジオNIKKEI杯で1番人気ながら4着に沈み、雪辱を期すトリップ、上り調子のフェノーメノ、3戦して1着、2着、1着と連対率100%のジョングルール、1月の京成杯で4着のアーデントなど、将来が楽しみな馬達が、どのようなレースを見せてくれるのかが見どころでした。結果は9番人気のコスモオオゾラが勝ちましたが、皐月賞では4着と好走したものの、ダービーでは6着に敗れています。しかし、弥生賞で6着に敗れたフェノーメノが、ダービーでは2着に入っており、今後が楽しみになっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら