競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 小倉2歳ステークス(GIII)

小倉2歳ステークス(GIII)

小倉2歳Sは、1961年に「小倉3歳特別」というレース名で、3歳馬(現2歳馬)の一般競争で、小倉競馬場の芝1100mのレースとして創設されました。1964年には芝1200mに変更され、1965年には名称が「小倉3歳S」に変更になっています。さらに1969年には距離が芝1600mに変更されましたが、1970年には芝1200mに戻されました。1981年には、馬齢重量による重賞競争に変更され、現在に至っています。レース名に関しては、2001年の馬齢表示の変更に伴って、現在の「小倉2歳S」に変更になっています。出走資格は、1995年に外国産馬に、1996年には「フェニックス賞」の2着以内の競走馬に限り、地方馬にも開放されています。

小倉2歳Sは、開催時期から小倉競馬場でデビューした2歳馬が、出走する傾向が強く、小倉開催の2歳チャンピオン決定戦として注目されています。出走馬としては、2歳馬でまだレース経験がなかったり、数戦しかしていない競走馬に、長距離の輸送をさせるのは難しいということもあり、ほとんどが関西馬となっています。特に2000年以降は、関東馬の参戦が少なく、2012年まででわずか4頭しかいません。しかし、新潟2歳Sが1600mであるのに対し、小倉2歳Sは芝1200mでのレースなので、このレースを勝った馬は、後々に短距離路線で活躍する傾向にあり、2001年の勝ち馬であるタムロチェリーは、その後阪神JFを勝っていますし、2003年の勝ち馬であるメイショウボーラーは、フェブラリーSで勝っただけでなく、朝日杯FS2着、NHKマイルC3着、スプリンターズS2着になっています。さらに2006年の勝ち馬はアストンマーチャンで、その後、阪神JF2着、スプリンターズSでは1着になっています。

2012年のレースでは、デビューから3戦して2勝、2着1回と連対率100%のエーシンセノーテ、デビュー戦で2着に3馬身1/2差と圧勝したマイネルエテルネル、すでに4戦の経験を持ち、1勝で2着が2回と好走しているマイネヴァイザーの3強対決が、見どころでした。しかし、結果は2番人気のマイネルエテルネルが勝ったものの、3番人気のマイネヴァイザーは最下位に沈み、1番人気のエーシンセノーテも4着と振るいませんでした。その為、三連複は万馬券、三連単は10万馬券となりましたが、勝ったマイネルエテルネルが、今後、短距離路線に行くようであれば、非常に楽しみな1頭となりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら