競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 富士ステークス(GIII)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

富士ステークス(GIII)

富士Sは、1981年に4歳(現3歳)以上の定量戦のオープン競争として、「オープン競争」というレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝1800mで行われていて、1984年に別定戦に変更され、レース名も「富士ステークス」に変更されました。しかし、翌年の1985年には定量戦に戻され、1997年に再度、別定戦に変更されると同時に、芝1400mに変更されました。1998年にはG3に昇格し、2000年に現在と同じ芝1600mに変更され、現在に至っています。なお、レース名は、2007年にサウジアラビアのリヤド馬事クラブから寄贈杯を受けたことで、「サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス」に変更されました。一般的には「富士S」と略されています。出走資格は、創設当初から外国産馬に開放されていたものの、1985年に出走できなくなり、翌年の1986年に再度、外国産馬に開放され、さらに地方馬にも開放され、1993年に外国馬にも開放されています。

この富士Sは、ジャパンカップに出走予定の、外国馬や地方馬の為の前哨戦として創設され、実際に1986年の勝ち馬アワウェイバリースターや、1987年の勝ち馬トリプティク、1988年の勝ち馬セーラムドライブなどの外国馬が、同年のジャパンカップに出走していました。しかし、1992年以降は、外国馬がジャパンカップの前哨戦として、使用することがほとんどなくなり、同時期の重賞レースにハンデキャップ戦が多かったこともあり、重いハンデを避けて、重賞勝利を目指す馬がメインとなりました。その後、1997年に芝1400mに変更されてからは、スプリンターズSの前哨戦として使用されていましたが、2000年にスプリンターズSの開催時期が変更されたことに伴って、富士Sも10月開催に変更され、距離も1600mになり、マイルチャンピオンSの前哨戦として使用されるようになっています。実際に富士Sを勝って、同年のマイルチャンピオンSを勝った馬としては、2011年のエイシンアポロンのみですが、2002年に5着のトウカイポイントも、同年のマイルチャンピオンシップを勝っています。

2012年の富士Sは、安田記念5着のガルボ、7月の中京記念を勝ったフラガラッハ、ニュージーランドTで2着になり、NHKマイルCでは5着のセイクレットレーヴ、ラジオNIKKEI賞の勝ち馬ファイナルフォームなど、多彩な出走予定メンバーの中から、どの馬が出走してくるのか、どのようなレース展開で、どの馬が勝つのかという点や、勝ち馬がその後、どのレースに向かうのかなどが見どころです。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら