競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 宝塚記念(GI)

宝塚記念(GI)

宝塚記念は、1960年に4歳(現3歳)以上の定量戦の重賞競争として、現在と同じ「宝塚記念」のレース名で創設されました。創設当初は、阪神競馬場の芝1800mで行われていましたが、翌年の1961年には芝2000mに変更され、1963年には別定戦に変更されました。さらに1967年には、現在と同じ芝2200mに変更され、1968年には、出走条件が5歳(現4歳)以上に変更され、負担重量が馬齢に変更されましたが、1972年に定量戦に変更されました。1984年にはG1に格付けされ、1987年に出走条件が4歳(現3歳)以上に戻され、現在に至っています。出走資格は、1995年に地方馬に、1997年に外国馬に開放され、外国産馬は創設当初から開放されています。

この宝塚記念は、有馬記念に匹敵する大競争を春に開催するという目的もあり、ファン投票によって出走馬が決められる為、実績馬が多数出走し、「春のグランプリ」や「夏のグランプリ」と呼ばれることもあります。ただし、ファン投票で1位の馬が必ず出走するわけではなく、馬の状況などによっては、出走しないこともあります。また、当然のことですが、ファン投票で1位になった馬が勝つと決まっているわけではなく、ファン投票1位で勝った馬は、1961年のシーザー、1962年のコダマ、1963年のリユウフオーレル、1965年のシンザン、1979年のサクラショウリ、1982年のモンテプリンス、1988年のタマモクロス、1993年のメジロマックイーン、1994年のビワハヤヒデ、1997年のマーベラスサンデー、2000年のテイエムオペラオー、2006年のディープインパクトと52回のうち、12頭しかいません。また、この宝塚記念は連覇どころか、2回勝った馬もいないという特徴もあります。

2012年の宝塚記念は、前年のクラシック三冠に加え、有馬記念も勝ち、ファン投票1位のオルフェーヴル、香港のG1クイーンエリザベスCを勝ったルーラーシップ、前年のダービー・菊花賞2着馬ウインバリアシオン、2010年のダービー馬エイシンフラッシュ、前年の宝塚記念勝ち馬アーネストリーなど、実績馬が多数出走する中、どの馬が夏のチャンピオンになるのかという点と、アーネストリーが史上初の連覇を達成できるかという点が見どころでした。結果は、単勝でも1番人気に推されたオルフェーヴルが勝ち、ファン投票1位で勝った13頭目の馬となりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら