競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 安田記念(GI)

安田記念(GI)

安田記念は、1951年に、日本中央競馬会初代理事長で、日本競馬の発展に尽力した安田伊左衛門の功績を称えて、4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、「安田賞」のレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝1600mで行われていましたが、1960年に芝1800mに変更されましたが、1962年に芝1600mに戻されました。1984年にはG1に格付けされると同時に、5歳(現4歳)以上の定量戦に変更されました。さらに1996年には、4歳(現3歳)以上に戻され、現在に至っています。レース名は、1958年に現在の「安田記念」に変更されました。出走資格は、1984年に外国産馬に、1993年に外国馬に、1995年に地方馬に開放されています。

この安田記念は、春に中長距離のG1レースがなく、宝塚記念は梅雨時になるので、中長距離馬でもあっても、重馬場を苦手とする馬も出走してくることもあり、また、短中距離馬も出走することから、豪華なメンバーが揃うことが多く、G1レースの中でも特に注目度が高いレースになっています。さらに、直線の長い東京競馬場で行われる為、スピードだけではなく、スタミナも要求されるレースになっていて、ギャロップダイナやオグリキャップ、ウオッカなど中長距離で活躍した馬が優勝したりしています。また、安田記念を勝った年に短距離G1を勝った馬も多く、1985年の勝ち馬ニホンピロウイナーや、1994年の勝ち馬ノースフライト、1998年の勝ち馬タイキシャトル、1999年の勝ち馬エアジハード、2007年の勝ち馬ダイワメジャーは、同年のマイルチャンピオンシップを勝っていて、1991年の勝ち馬ダイイチルビーは、同年のスプリンターズSを勝っています。馬券の面で見ると、1番人気が沈むことも多く、1992年以降、馬連の万馬券が10回出ています。

2012年の安田記念は、皐月賞2着馬で、前走の京王杯スプリングSを勝ったサダムパテック、前年の安田記念で2着だったストロングリターン、香港のG1で2着2回の外国馬グロリアスデイズ、牝馬三冠を獲得し、ヴィクトリアマイルも勝っているアパパネ、前年のNHKマイルCの勝ち馬グランプリボスなど、実力馬や実績馬が集まり、どの馬が強いのかという点が見どころでした。結果は前年の雪辱を果たし、ストロングリターンが勝ちましたが、クビ差の2着に13番人気のグランプリボスが入り、3着には15番人気のコスモセンターが入った為、三連単が46万馬券となりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら