競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 天皇賞・秋(GI)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

天皇賞・秋(GI)

天皇賞(秋)は、1937年に4歳(現3歳)以上の定量戦の重賞競争として、「帝室御賞典(秋)」のレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝2600mで行われていましたが、1938年に5歳(現4歳)以上の芝3200mに変更されました。1947年には宮内庁から天皇賞を下賜されたことで、レース名が現在と同じ「天皇賞(秋)」に変更されています。それ以降、長い間、大きな変更はありませんでしたが、1984年にG1に格付けされた際に、現在と同じ芝2000mに変更されました。さらに1987年には、出走条件が4歳(現3歳)以上に戻され、現在に至っています。出走資格は、1995年に地方馬に、2000年に外国馬に、2005年に外国馬に開放されています。

この天皇賞(秋)は、天皇賞(春)と違って、芝2000mという距離から、マイラーから長距離馬まで多くの有力馬が出走し、ジャパンカップや有馬記念と同じか、場合によってはさらに豪華なメンバーが出走することもあります。また、3歳馬も出走できることから、近年では菊花賞を回避して、天皇賞(秋)に出走する馬もいます。さらには、エリザベス女王杯が古馬に解放される前には、有力な牝馬が出走することもありました。エリザベス女王杯が古馬に解放されてからは、出走頭数は減ったものの、牡馬と互角以上の実績を持つ牝馬が出走することもあります。

同一年の天皇賞(春)と天皇賞(秋)を連覇した馬は、2011年までに4頭しかおらず、1988年のタマモクロス、1999年のスーパークリーク、2000年のテイエムオペラオー、2007年のメイショウサムソンとなっています。なお、テイエムオペラオーは、2001年の天皇賞(春)も勝ち、天皇賞を3連勝した唯一の馬となっています。また、スーパークリークは同年ではないものの、1989年の天皇賞(秋)、1990年の天皇賞(春)と勝っていて、天皇賞連覇と言われることもあります。

2012年の天皇賞(秋)は、2011年にクラシック三冠を制し、さらに有馬記念も勝ち、年内G1で4勝をあげ、さらに2012年の宝塚記念を勝ち、凱旋門賞に挑戦するオルフェーヴル、香港のG1クイーンエリザベスCを勝ち、宝塚記念2着のルーラーシップの2強に、2011年の宝塚記念を勝ったアーネストリー、2012年のサマー2000シリーズのチャンピオンになったトランスワープなどが、どのように挑むのか、2強にストップをかけるのかなどが、レースの見どころになります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら