競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 北九州記念(GIII)

北九州記念(GIII)

北九州記念は、1966年にハンデキャップの芝2000mの重賞として創設されました。しかし、1969年に1800mに距離変更がありました。さらに、2006年から夏競馬を盛り上げる為に、「サマースプリントシリーズ」が開催されるようになり、それに伴って1200mのスプリントレースになりました。負担重量は1972年に別定戦になり、1995年からハンデキャップ戦、2000年から別定戦、2006年からはハンデキャップ戦とコロコロ変わりながら現在に至っています。出走資格は、1995年から外国産馬に開放され、1998年からは地方馬に、2009年からは外国馬にも開放されています。

2006年にスプリントレースに変更される前までは、夏の小倉競馬場という、馬に負担がかかりやすい暑い条件もあって、G1級の競走馬の出走はあまりなく、なかなかG2以上に勝てない競走馬や、G3に出るけれども、2・3着が続いて勝てないという馬が主に出走していました。しかし、スプリントレースになってからは、スプリンターズSのステップレースとして注目されるようになり、スリープレスナイトのように、北九州記念を勝ち、次のレースでスプリンターズSに出走して勝ち、その後高松宮記念で2着になった例もあります。また、コスモフォーチュン、キョウワロアリング、サンダルフォン、トウカイミステリーのように北九州記念を勝って、スプリンターズSや高松宮記念に挑んでいる競走馬は多数います。他にも、北九州記念では6着だったのもの、その年のスプリンターズSを勝った、アストンマーチャンのような競走馬もいて、現在では、スプリンターズSを予想する上で、非常に重要なレースになっています。

ただし、夏の小倉競馬場というのは、競走馬にとって辛い環境であることに変わりはありませんので、この北九州記念をスプリンターズSの予想に活かすには、その点を考慮する必要もあります。アストンマーチャンのように、北九州記念では実力が発揮できず、スプリンターズSで爆発する競走馬もいれば、逆に北九州記念では勝っても、疲れてしまって、スプリンターズSで実力を発揮できない競走馬もいます。また、その環境から大荒れになることもあり、2012年のレースでは、6番人気までが単勝10倍以下となっていて、どの馬が勝つのかが見どころだったのですが、勝ったのは8番人気のスギノエンデバーで、2着が12番人気のシゲルスダチ、3着が6番人気のエピセアロームとなり、三連単では997,220円の払い戻しとなっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら