競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 函館スプリントS(GIII)

函館スプリントステークス(GIII)

函館スプリントSは、1994年に4歳(現3歳)以上の別定戦の重賞競争として、「札幌スプリントステークス」のレース名で創設されました。創設当初は、札幌競馬場の芝1200mで行われていましたが、1997年に函館競馬場の芝1200mに変更になり、競馬場の変更により、レース名も現在の「函館スプリントステークス」に変更され、現在に至っています。出走資格は、1996年に地方馬に、2009年には外国馬に開放され、外国産馬は創設当初から出走可能になっています。

 

この函館スプリントSは、夏の競馬の最初の短距離重賞ということもあり、夏に放牧や休養に入らなかった有力馬が出走したり、秋のスプリンターズSを目標にしている上り馬が出走したり、サマースプリントシリーズの第1戦であることから、シリーズ優勝を狙う馬が出走する傾向にあり、7月初旬に行われるG3としては、レベルの高いレースになることもあります。函館スプリントSの勝ち馬で、同年のG1を勝ったのは、2011年の勝ち馬カレンチャンが、同年のスプリンターズSを勝ったのみですが、2008年の勝ち馬キンシャサノキセキは、同年のスプリンターズSで2着と好走していて、2010年、2011年と高松宮記念を連覇しています。また1997年の勝ち馬マサラッキは、1999年の高松宮記念を、2002年の勝ち馬サニングデールは、2004年の高松宮記念を勝っていて、同年のスプリント路線で好走するだけではなく、後にスプリントG1を勝つ馬を輩出しているレースでもあります。

 

2012年の函館スプリントSは、前走の高松宮記念3着で、デビューから9戦連続で3着以内に入っているロードカナロアに注目が集まり、単勝1.3倍の圧倒的1番人気で、他の馬がどこまでやれるのかが見どころになっていました。結果は、スプリンターズSで2着の実績があるパドトロワを抑えて、2番人気になっていたドリームバレンチノが、ロードカナロアに3/4馬身差で勝ち、重賞初勝利を上げました。3着には重賞初挑戦で11番人気だったビスカヤが入り、三連単は72,540円と荒れた結果となりました。ロードカナロアは、このレースでは2着でしたが、その後のセントウルSでも2着となり、いまだにデビューから複勝圏内に入っているので、今後が非常に楽しみな馬と言えるでしょう。また、勝ったドリームバレンチノも、スプリンターズSに向けて楽しみな1頭になっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら