競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 共同通信杯(GIII)

共同通信杯(GIII)

共同通信杯は、1967年に4歳(現3歳)限定の別定戦で、重賞競争の「東京4歳ステークス」として創設され、当初は東京競馬場の芝1400mで行われていました。しかし、翌年の1968年には芝1600mに変更され、さらに1971年に現在と同じ、芝1800mに変更されました。出走資格は、1993年に外国産馬に開放され、1996年には地方馬に、2009年には外国馬に開放されています。レース名は、1983年から共同通信社から優勝杯の提供を受けるようになり、「共同通信杯4歳ステークス」に変更されましたが、2001年に馬齢表示を変更したことにより、現在の「共同通信杯」に変更されています。なお、サブタイトルとして、1951年に皐月賞とダービーを勝ち、10戦全勝の成績を残したものの、ダービーの17日後に破傷風で死去したトキノミノルの名前を冠した、「トキノミノル記念」が付けられていますが、レジオNIKKEIの実況放送以外では、テレビ・ラジオ中継の際にアナウンスされず、スポーツ紙でも掲載されていなかったりするので、あまり浸透はしていません。

共同通信杯は、皐月賞やダービーのようなクラシック路線の前哨戦として使用され、特にダービーと同じ東京競馬場で行われることから、東京のコースを経験させる為に出走する競走馬も多くいます。さらに、このレースの勝ち馬は、クラシックも含めてG1で活躍する競走馬が多く、1983年の勝ち馬であるミスターシービーや、1994年の勝ち馬であるナリタブライアンなど、クラシック三冠馬も出ています。三冠馬以外では、ダービーと有馬記念を勝ったダイナガリバー、ダービーを勝ったアイネスフウジン、天皇賞(春)を勝ったメジロブライト、NHKマイルC、ジャパンC、サンクルー大賞を勝ち、凱旋門賞で2着になったエルコンドルパサー、ダービー、ジャパンCを勝ったジャングルポケット、ドバイデューティーF、宝塚記念、ジャパンCを勝ったアドマイヤムーンなど、共同通信杯の勝ち馬には、その後、活躍した競走馬が多数います。

2012年の共同通信杯は、東京スポーツ杯2歳Sを勝ったディープブリランテと、札幌2歳S、ラジオNIKKEI賞と連続2着のゴールドシップの2頭に、他の馬がどう対抗するかが見どころだったのですが、結果はゴールドシップ1着、ディープブリランテ2着と、順当な結果に終わりました。この2頭は、その後、皐月賞とダービーをそれぞれが勝っていて、共同通信杯の重要性を再認識させてくれました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら