競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 京阪杯(GIII)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

京阪杯(GIII)

京阪杯は、1956年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、「京都特別」というレース名で創設されました。創設当初は、京都競馬場の芝2200mで行われていて、1961年に現在と同じ「京阪杯」というレース名に変更されています。1966年には芝1800mに変更され、1972年に芝2000mに変更されました。1984年にはG3に格付けされ、さらに出走条件が5歳(現4歳)以上に変更されました。また、1994年には別定戦に変更されましたが、1996年にはハンデキャップ戦に戻されました。さらに1997年には、出走条件が4歳(現3歳)以上に変更され、芝1800mに変更されました。2003年には別定戦に再度変更され、2006年には芝1200mに変更され、現在に至っています。出走資格は、1989年に外国産馬に、1998年に地方馬に、2005年に外国馬に開放されています。

この京阪杯は、中距離レースの頃に、1984年の勝ち馬カツラギエースが、同年の宝塚記念とジャパンカップを勝ったり、1994年の勝ち馬ネーハーシーザーが、同年の天皇賞(秋)を勝ったり、1995年の勝ち馬ダンツシアトルが、同年の宝塚記念を勝ったり、1996年の勝ち馬ダンスパートナーが、同年のエリザベス女王杯を勝ったり、2005年の勝ち馬カンパニーが、2009年の天皇賞(秋)とマイルチャンピオンシップを勝ったりと、後にG1を勝つ馬を多く輩出していました。しかし、芝1200mの短距離レースになった2006年以降は、2007年のスプリンターズSで2着だったサンアディユが、同年の京阪杯に出走して勝ったりと、実績馬が出走して勝ったことはあるものの、京阪杯後の実績を見てみると、2011年の勝ち馬ロードカナロアが、2012年の高松宮記念で3着になったのが最高位で、G1馬を輩出できていません。まだ、短距離レースになってあまり経っていませんので、今後の勝ち馬の活躍に期待したいところです。

2012年の京阪杯は、マイルチャンピオンシップの翌週の土曜日に開催される為、賞金を稼いで、翌年の高松宮記念やスプリンターズSを狙いたい馬と、マイルチャンピオンシップを除外されたマイル向きの馬が出走してくるようになり、予想が難しい混戦状態になるでしょう。その中から、勝ち抜いて翌年のG1に出走する馬が出てくるかというところも、大きな見どころになっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら