競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 京都金杯(GIII)

京都金杯(GIII)

京都金杯は、中山金杯と同様に年明け最初の重賞で、東の中山金杯に対して、西の京都金杯となっています。当然ですが、関西馬の出走が多くなっています。また、中山金杯と同じで、1年を占うレースとして注目されています。京都金杯は、中山金杯と比べると歴史が浅く、1963年にハンデキャップの重賞競争の「迎春賞」として創設されました。当初は芝の2000mで行われていて、1966年に「金杯」と名称も変更され、別定戦になりましたが、1981年に再びハンデキャップ戦に変更されました。また、1996年に東西の「金杯」を区別する為に、「京都金杯」と名称が変更されています。距離が1600mになったのは2000年で、それ以降、短距離路線を目標とする馬の活躍を占うレースとなっています。出走資格も1993年には、外国産馬に開放され、2006年には外国馬にも開放されています。

京都金杯は上記のように、2000年以降、短距離路線を目標とする馬が多く出走していて、桜花賞馬のキョウエイマーチや、皐月賞、マイルチャンピオンシップ2着のダイタクリーヴァ、マイルチャンピオンシップ4着のマイネルスケルツィなど、1200mから2000mまでのレースを狙う馬達が出走しています。その中でも2005年の京都金杯勝ち馬であるハットトリックは、同年のマイルチャンピオンシップと香港マイルの2つのレースを勝ち、その為、さらに短距離路線での活躍を期待する馬達が、非常に多く出走するようになっています。京都金杯を勝った年に、2200mの宝塚記念を勝ったエイシンデピュティのように、その後は中距離で活躍する馬もいますが、ほとんどの場合、短距離路線を目標にしている馬たちですので、基本的にはマイルやスプリントの今後を見る上で、非常に参考になるレースです。

この京都金杯は、ハンデキャップ戦だけあって、荒れることもあります。2012年のレースも皐月賞2着のサダムパテックが1番人気になり、非常に注目を集め、他の馬達がどのように戦うのかが、見どころになっていましたが、4歳の中ではトップハンデの57kgが影響したのか5着に沈み、最軽量ハンデの10番人気アスカトップレディが3着に入った為、三連複が14,380円、三連単が68,090円の払い戻しとなっています。このように京都金杯の見どころとしては、今後の短距離路線での活躍が期待できる馬を見られることと、万馬券を比較的狙いやすいという点があります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら