競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 京都記念(GII)

京都記念(GII)

京都記念は、1942年にハンデキャップ戦の重賞競争として、芝3500mのレースとして創設されました。創設当初は、春と秋の2回行われ、春は5歳(現4歳)以上、秋は4歳(現3歳)以上となっていました。その後、1948年に春のレースは芝3000mに、秋のレースは芝3200mに変更され、秋のレースは1949年に芝3000mに変更されました。1951年には春のレースが芝2400mに変更され、1953年には春・秋ともに別定戦となりました。1954年には秋のレースがハンデキャップ戦に戻され、1955年には春のレースが芝2000mに変更されました。さらに変更は続き、1964年には春のレースが芝2200mに変更され、1969年には春・秋ともに芝2400mになりましたが、1984年に秋のレースが廃止され、1994年に別定戦になった後、1995年から芝2200mで定着し、現在に至っています。出走資格は、1984年に外国産馬に、2005年に外国馬に開放されています。

この京都記念は、日経新春杯に続く古馬の芝のG2レースであり、さらに別定戦なので実績馬が出走しやすいということもあって、年明け後の最初のレースとして出走し、さらにステップレースを踏んで、春のG1に参戦することも多くなっています。それだけではなく、近年では海外のレースを目指す馬も多く、ドバイデューティーフリーやクイーンエリザベス2世カップなど、日程的に海外のG1に向けたステップレースとして使用されることもあります。京都記念を初戦に選んだ後、活躍した馬としては2000年の勝ち馬であるテイエムオペラオーが、同年8戦して8勝(全て重賞)し、その中にはG1の天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念と5つも含まれる偉業を達成しています。さらに、2007年の勝ち馬であるアドマイヤムーンは、同年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンCとG1を3勝しています。

2012年の京都記念は、前年の天皇賞(秋)で2着となったダークシャドウ、前年のダービーと菊花賞で2着になったウインバリアシオン、前年の天皇賞(春)を勝ち、凱旋門賞に挑戦したヒルノダムール、前年の菊花賞で3着となったトーセンラーの4頭が注目を集め、どの馬が勝つかが見どころだったのですが、勝ったのは5番人気のトレイルブレイザーでした。ただし、2着に入ったダークシャドウは、同年のドバイデューティーフリーに挑戦しており、今後も京都記念から、海外のG1に挑戦する馬が、どのような走りをするのかも見どころになります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら