競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 京都新聞杯(GII)

京都新聞杯(GII)

京都新聞杯は、1953年に4歳(現3歳)限定の別定戦の重賞競争として、「京都盃」のレース名で創設されました。創設当初は京都競馬場の芝2400mで行われていましたが、1956年には、出走条件が4歳(現3歳)以上に、さらにハンデキャップ戦に変更され、距離も芝2000mに変更されました。ところが翌年の1957年には、出走資格が4歳(現3歳)限定の別定戦に戻され、距離も芝1800mに変更となりました。さらに1958年には、再びハンデキャップ戦に変更されたものの、1960年には別定戦に戻されています。また、1966年には芝2000mに変更され、1969年には定量戦に変更されました。1984年にG2に格付けされた時に、芝2200mに変更されましたが、2000年にG3に降格となり、芝2000mの別定戦に変更なりました。まだ変更は続き、2001年には再びG2に昇格となり、定量戦に変更となりましたが、2002年には現在の芝2200mとなり、2003年に負担重量が馬齢に変更されています。レース名は、1971年に京都新聞社から優勝杯の提供を受けるようになり、現在の「京都新聞杯」に変更されています。出走資格は、1995年に地方馬に、2000年に外国産馬に、2009年には外国馬に開放されています。

この京都新聞杯は、創設当初、菊花賞の前哨戦として創設され、1967年からは菊花賞のトライアルレースに指定されていました。しかし、2000年に5月開催に変更されたことで、菊花賞トライアルから除外され、現在では、5月開催のG2であることと、上位2着までに入った地方馬は、ダービーの出走権がもらえることで、ダービーの前哨戦としての位置付けになっています。菊花賞の前哨戦としての位置付けだった際は、京都新聞杯に出走して、菊花賞を勝った馬は多く、ミスターシービー、ミホシンザン、ライスシャワー、ナリタブライアンなど24頭いました。5月開催となった2000年以降の京都新聞杯の勝ち馬では、2000年のアグネスフライトがダービーを勝っていて、2004年のハーツクライ、2005年のインティライミは、それぞれダービー2着と好走しています。

2012年の京都新聞杯は、皐月賞7着からの立て直しを図るベールドインパクト、同じく皐月賞8着で立て直したいメイショウカドマツ、勝って賞金を加算したいエキストラエンドなどから、ダービーに向けて好走する馬が出てくるかが見どころでした。結果は、500万下を勝ったばかりのトーセンホマレボシが勝ち、ダービーでも3着と好走しています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら