競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 京都大賞典(GII)を徹底検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

京都大賞典(GII)

京都大賞典は、1966年に4歳(現3歳)以上の別定戦の重賞競争として、「ハリウッドターフクラブ賞」というレース名で創設されました。創設当初は、京都競馬場の芝3200mで行われていましたが、翌年の1967年に、現在と同じ芝2400mに変更されました。さらに1974年には、レース名も現在と同じ「京都大賞典」に変更され、1984年にはG2に格付けされ、現在に至っています。出走資格は、1971年に外国産馬に、1995年に地方馬に、2003年に外国馬に開放されています。

この京都大賞典は、10月に開催される芝2400mのG2ということから、天皇賞(秋)やジャパンカップのステップレースとして使用されることが多く、天皇賞(春)や宝塚記念といった春のG1に出走後、夏に休養していた有力馬が、秋の初戦で使用し、レベルの高いレースとなっています。同じ天皇賞(秋)のステップレースとしては、毎日王冠もありますが、こちらは芝1800mとなっているので、天皇賞(秋)からマイルチャンピオンシップに向かう馬が多く、京都大賞典は、天皇賞(秋)からジャパンカップ、そして有馬記念に向かう馬が多く出走します。このローテーション通りに行き、成功した馬としては、2000年のテイエムオペラオーがいて、天皇賞(春)、宝塚記念と連勝した後、夏は休養し、休養明けに京都大賞典を勝ち、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念と連勝しました。また、京都大賞典を勝った後、天皇賞(秋)を回避して、ジャパンカップに向かう馬もいて、1995年の勝ち馬ヒシアマゾンは、そのパターンで牝馬ながらジャパンカップで2着になっていて、1994年の勝ち馬マーベラスクラウンや、2003年の勝ち馬タップダンスシチーは、同じパターンでジャパンカップを勝っています。また、2006年の勝ち馬スイープトウショウのように、京都大賞典を勝った後、天皇賞(秋)からエリザベス女王杯に向かう牝馬もいます。

2012年の京都大賞典では、同年の天皇賞(春)を勝ち、宝塚記念では9着のビートブラック、その宝塚記念で2着のルーラーシップ、昨年の天皇賞(秋)2着馬のダークシャドウ、3歳馬ながら天皇賞(秋)への出走も健闘しているフェノーメノなど、天皇賞(秋)を目指す馬のうち、どの馬がステップレースとして、出走してくるのかという点と、休養明けの馬は疲れが取れているのかどうかという点が見どころになりそうです。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら