競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 京王杯スプリングカップ(GII)

京王杯スプリングカップ(GII)

京王杯スプリングCは、1956年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップ戦として、「スプリングハンデキャップ」というレース名で創設されました。創設当初は、東京競馬場の芝1600mで行われていて、1963年には芝1800mに変更されました。1981年には芝1400mに変更され、1984年には別定戦に変更され、現在に至っています。レース名は、1960年に京王帝都電鉄から優勝杯を提供されたことにより、「京王杯スプリングハンデキャップ」に変更され、1984年にはG2に格付けされるのと同時に、現在の「京王杯スプリングカップ」に変更されています。出走資格は、1984年に外国産馬に、1994年に外国馬に、1995年には地方馬に開放されています。

この京王杯スプリングCは、ダービー卿CTやマイラーズCと同じように、安田記念の前哨戦に位置付けされている上に、安田記念と同じ東京競馬場で開催されているので、他のレースよりも重要な前哨戦として見られています。京王杯を勝って、同年の安田記念を勝った馬としては、1984年のハッピープログレス、1985年のニホンピロウイナー、1991年のダイイチルビー、1993年のヤマニンゼファー、1997年のタイキブリザード、1998年のタイキシャトル、2005年のアサクサデンエンがいて、さらに京王杯に出走して勝てなかったものの、同年の安田記念を勝った馬は、延べ15頭います。さらにニホンピロウイナーとタイキシャトルは、同年のマイルチャンピオンシップも勝っていて、ダイイチルビーは同年のスプリンターズSを、ヤマニンゼファーは同年の天皇賞(秋)を勝っていて、同年の短中距離G1に続くレースとも言えます。

2012年の京王杯スプリングCは混戦模様で、高松宮記念2着で1番人気のサンカルロでさえ、単勝4.0倍でした。前年の安田記念2着馬ストロングリターンが2番人気、2009年にNHKマイルCを勝ったジョーカプチーノが3番人気、前年の皐月賞で2着のサダムパテックが4番人気、朝日杯FS、NHKマイルCとG1で2勝しているグランプリボスが5番人気で、この5頭の争いが見どころでした。結果は、4番人気のサダムパテックが勝ったものの、2着11番人気、3着13番人気となり、三連複で32万馬券、三連単は179万馬券と荒れた結果になりました。ただ、翌月の安田記念では、京王杯スプリングCで4着だったストロングリターンが勝ち、同7着だったグランプリボスが2着に来て、京王杯組が連対する結果になりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら