競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)

京成杯オータムハンデキャップ(GIII)

京成杯オータムHは、1956年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、東京競馬場の芝1600mのレースとして、「オータムハンデキャップ」のレース名で創設されました。レース名に関しては、1959年に京王帝都電鉄から寄贈杯を受けることで、「京王杯オータムハンデキャップ」に変更され、1998年に京成電鉄と寄贈杯の提供レースを入れ替えたことで、現在の「京成杯オータムハンデキャップ」に変更となっています。距離に関しては、1963年に芝1800mに変更され、競馬場の工事によって、中山競馬場で開催されたり、東京競馬場で開催されたりし、ダート1600mや芝1800mで開催されたりしましたが、1980年から中山競馬場での開催が定着し、1984年からは芝1600mで定着しました。出走資格は、1994年に外国産馬に、1998年からは地方馬に、2006年には外国馬に開放されました。レース名は、新聞などで「京成杯AH」と略されることもあります。

京成杯オータムHは、関東圏での秋競馬の開幕の重賞として注目され、秋のG1戦線のうち、スプリンターズSや天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップなど、短中距離のレースのステップレースとしても使用されています。その秋のG1戦線を目標としている実力馬と、夏を勝ち抜いてきた上り馬とが戦うハンデキャップ戦ということで、毎年好レースが行われていますが、京成杯オータムHに勝って、その年にG1も勝った馬は少なく、2001年の勝ち馬であるゼンノエルシドが、同年のマイルチャンピオンシップを勝ったのみとなっています。連対で見ても、1988年の勝ち馬ホクトヘリオスが、同年のマイルチャンピオンシップで2着、2011年の勝ち馬フィフスペトルが、同じくマイルチャンピオンシップで2着になっているだけで、秋のG1戦線に直結しているとは言いがたい状況です。ただし、3頭ともマイルチャンピオンシップで1・2着に来ていることから、その予想の際は参考になるレースとも言えます。

2012年の京成杯オータムHは、抜け出た馬がおらず、関屋記念で2着と上り調子のエーシンリターンズ、朝日FSで3着の実績があり、前レースでも勝っているレオアクティブ、前走の安田記念で3着のコスモセンサー、前走の関屋記念で3着、その前2レースで2着と好調のスピリタスの4頭に人気が割れ、どの馬が抜け出すのかが見どころでしたが、結果は、レオアクティブが勝ち、今後注目の1頭になりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら