競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 中山記念(GII)

中山記念(GII)

中山記念の前身は、1930年に創設された「内国産馬競走4000米」と、1933年に創設された「中山5歳馬特別競走」で、1936年に日本競馬会が設立された時に、ふたつのレースの趣旨を受け継ぎ、ハンデキャップ戦の芝3200mの重賞「中山記念」として、創設されました。当初は、春と秋の2回行われていて、春は4歳(現3歳)以上、秋は5歳(現4歳)以上となっていました。その後、春・秋ともに出走条件や施行距離がたびたび変更され、1952年には秋のみとなり、距離は芝2400mとなりました。1956年には芝2600mに変更されたものの、翌年の1957年には芝1800mに変更され、現在に至っています。出走条件は、1958年には5歳(現4歳)以上に変更、1959年には4歳(現3歳)に変更など、その後も変更し続け、1968年に5歳(現4歳)以上になり、定着しました。出走資格は、1984年に外国産馬に開放され、2005年には外国馬にも開放されています。

このように中山記念は、伝統と格式を誇る重賞レースであると同時に、天皇賞(春)や安田記念、宝塚記念、ドバイミーティング、クイーンエリザベス2世カップなど、国内外のG1を目標とする有力馬が、始動のレースに選ぶこともあり、出走馬は毎年豪華になっています。中山記念を勝ち、その後のG1を勝った馬としては、1974年の勝ち馬ハイセイコー、1987年の勝ち馬スズノパレード、1998年の勝ち馬サイレンススズカが宝塚記念を勝っていて、1986年の勝ち馬クシロキング、1996年の勝ち馬サクラローレルが天皇賞(春)を、2011年の勝ち馬ヴィクトワールピサがドバイワールドカップを勝っています。さらに、中山記念に出走した馬で、中山記念では敗れたものの、同年のG1を勝った馬は13頭いて、同年の春のG1路線の行方を占う上で、非常に重要なレースになっています。

2012年の中山記念では、有馬記念で2年連続3着のトゥザグローリーが、単勝1.9倍と圧倒的人気を集め、そのトゥザグローリーに、中山金杯の勝ち馬フェデラリストや、前年の安田記念を制したリアルインパクト、前年のマイルチャンピオンシップ2着のフィフスペトルなどが、どのように挑むのかが見どころでしたが、トゥザグローリーがまさかの10着に終わり、3番人気のフェデラリストが勝ちました。このように圧倒的1番人気でも、簡単に負けてしまうことがある点も、中山記念の見どころのひとつと言えるでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら