競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 中京記念(GIII)を検証!競馬予想会社を検索するなら~競馬予想サイトNo1~

中京記念(GIII)

中京記念は、1953年に4歳(現3歳)以上の別定戦の重賞競争として、「中京開設記念」というレース名で創設されました。創設当初は、中京競馬場のダート1800mで行われていて、翌年の1954年には、レース名が現在と同じ「中京記念」に変更されました。さらに1955年にはハンデキャップ戦に変更され、1957年には出走条件が5歳(現4歳)以上に変更されました。さらに1959年にはダート2000mに変更され、1970年には芝2000mに変更されました。1984年にはG3に格付けされ、2012年には、出走条件が3歳以上に変更された上、距離も芝1600mに変更されています。出走資格は、1994年に外国産馬に開放されたものの、2002年には出走できなくなり、2005年に外国馬に開放されています。

この中京記念は、2011年まで主に3月に開催されていて、初春の中京競馬場の名物競争として知られていました。ただし、位置付け的には裏開催のローカル重賞だった為、中堅レベルの馬の出走がほとんどで、春のG1戦線には結びつきにくかったのですが、中には中京記念をステップに、G1で好走するようになった馬もいました。1990年の勝ち馬オサイチジョージは、同年の宝塚記念を勝っていて、1991年の勝ち馬レッツゴーターキンは翌年の天皇賞(秋)を勝っています。2000年の勝ち馬メイショウドトウは、同年の宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念、翌年の天皇賞(春)とG1で5戦連続2着になった後、宝塚記念を勝っています。また、2002年の勝ち馬ツルマルボーイは、同年の宝塚記念で2着になった後、翌年の宝塚記念、天皇賞(秋)と連続2着になった後、2004年の安田記念を勝っています。

2012年の中京記念は、2010年のマイルチャンピオンシップ2着馬ダノンヨーヨー、前年にシンザン記念、毎日杯、鳴尾記念と重賞で3勝したレッドデイヴィス、前年の関屋記念で2着のエアラフォン、桜花賞3着馬のエーシンリターンズ、前年の阪急杯と阪神Cで3着のフラガラッハなどG1での好走はないものの、G2やG3では好走している馬が多く出走し、混戦模様の中どの馬が勝つのかが見どころでした。結果としては、フラガラッハが勝ち、重賞初勝利となりました。7月開催になったばかりなので、このフラガラッハが今後、どのようなレースに出るのかによって、中京記念の位置付けが見えてくるかもしれません。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら