競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > 七夕賞(GIII)

七夕賞(GIII)

七夕賞は、1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、現在と同じ「七夕賞」のレース名で創設されました。創設当初は、福島競馬場の芝1800mで行われていましたが、1972年に別定戦に変更されましたが、1974年にはハンデキャップ戦に戻されました。1980年には現在と同じ芝2000mに変更され、1984年にG3に格付けされて、現在に至っています。出走資格は、1995年に外国産馬に、2002年に地方馬に、2006年に外国馬に開放されています。

 

この七夕賞は、夏季開催の福島競馬場の名物レースとして知られていますが、日本一1番人気が勝てない重賞としても有名でした。実際に1979年から2004年まで26年連続で1番人気が勝っていませんでした。その間に、「福島競馬場の立地上、気温や湿度が高く、馬の体調管理が難しいから」、「ハンデキャップ戦だから」、「有力馬が他の競馬場のレースに散らばってしまうから」など色々な理由が言われてきましたが、2005年にダイワレイダースが1番人気で勝ったことから、現在ではあまり言われなくなっています。ただし、その後も2006年、2007年、2008年、2010年、2011年と1番人気は勝っておらず、現在でも1番人気がなかなか勝てないレースとなっています。ちなみに2009年に1番人気で勝ったミヤビランベリは、前年の七夕賞を7番人気で勝っていて、馬連2万馬券、馬単4万馬券、三連複4万馬券、三連単35万馬券と荒れたレースの立役者でもありました。この七夕賞を勝った後にG1馬となった馬もいて、2002年の勝ち馬であるイーグルカフェは、同年のジャパンカップダートを勝っています。

 

2012年の七夕賞は、1番人気の菊花賞3着馬トーセンラーが単勝4.3倍で、2番人気のタッチミーノットが単勝4.5倍、3番人気のエクスペディションが単勝5.9倍、4番人気のダイワファルコンが単勝6.6倍、5番人気のゲシュタルトが単勝7.9倍と人気が割れ、6番人気以降の馬も含めて、どの馬が勝つのかという点と、1番人気のトーセンラーが勝って、1番人気の連敗を止めるのかが見どころでした。結果は、14番人気のアスカクリチャンが勝ち、トーセンラーが2着、7番人気のミキノバンジョーが3着になり、またもや1番人気が負けてしまい、馬連が万馬券、馬単が3万馬券、三連複が6万馬券、三連単が59万馬券となる荒れた結果となりました。この結果から、今後も1番人気が勝てないのかどうかも、見どころのひとつとなっています。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら