競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > ローズステークス(GII)

ローズステークス(GII)

ローズSは、1983年に4歳(現3歳)の牝馬限定で、エリザベス女王杯のトライアルレースとして創設されました。創設当初は、京都競馬場の芝2000mで行われていました。その後、1996年に、3歳牝馬の重賞路線整備により、エリザベス女王杯が古馬レースになり、秋華賞が創設されたことで、秋華賞トライアルに変更され、サファイヤステークスが1995年に廃止されたこともあり、開催時期が、それまでの10月から9月に変更され、さらに阪神競馬場の芝2000mに変更されました。さらに2007年には距離が1800mに変更となり、現在に至っています。出走資格は、1984年に外国産馬に開放され、1995年には地方馬に、2009年には外国馬に開放されました。

ローズSは、2000年に3歳牝馬限定戦だったクイーンSが、古馬混合になり、時期も変更になった為、秋華賞の前哨戦としては、唯一の3歳牝馬限定の重賞になり、有力馬の多くがローズSを経由して秋華賞に挑むようになりました。春の実績馬で、夏に放牧に出されていたり、休養していた馬が、秋の初戦に選ぶレースであり、また、上位3着に入った馬が秋華賞への優先出走権を与えられる為、夏の上り馬も選ぶレースとなっていて、混戦となり、有力馬が苦戦することもあります。実際に桜花賞、オークス、秋華賞の牝馬3冠を達成したスティルインラブやアパパネも、ローズSでは、それぞれ5着と4着になり、敗れています。ただし、このローズSを勝った馬には、メジロラモーヌ、マックスビューティ、ヒシアマゾン、ファレノプシス、ファインモーション、アドマイヤグルーヴ、ダイワスカーレットなど、その後、G1で勝利をおさめる馬も多く、今後の牝馬戦線を見る上で、非常に注目度の高いレースとなっています。

2012年のローズSは、桜花賞、オークスと勝ち、3冠を狙うジェンティルドンナと、その桜花賞とオークスで連続2着のヴィルシーナの2強に、父がディープインパクトで良血馬のキャトルフィーユや、同じくディープインパクトを父に持ち、上がり3Fの末脚が驚異的なラスヴェンチュラス、フェアリーSを快勝したものの、桜花賞8着、オークス10着と実績を残せず、雪辱に燃えているトーセンベニザクラなどが、どう挑むのかが見どころになります。さらに2連勝と勢いがあるサンマルクイーンやサトノジョリーなど、秋華賞も含めて、今後の牝馬戦線が楽しみになるメンバーが揃っているので、将来を含めて見るのも面白いでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら