競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > レパードS(GIII)

レパードステークス(GIII)

レパードSは、2009年に創設された歴史が浅い重賞競争で、3歳ダート適正馬の出走機会の拡大、夏季競馬の振興、ジャパンカップダートのような秋のダート重賞路線の充実を図る観点から、新潟競馬場のダート1800mの馬齢重量で争われるレースとして創設されました。創設当初は重賞の格付けをされておらず、2011年にG3に格付けされました。出走資格は、創設当初から、外国産馬、地方馬、外国馬に開放されています。また2010年にはサマージョッキーズシリーズに指定されています。

 

このレパードSは、まだ歴史が浅く、勝ち馬が同年のジャパンカップダートに出走した事はありませんが、2009年の創設年に勝ったトランセンドは、翌年の2010年のジャパンカップダートで勝っていて、さらには2011年のフェブラリーSも勝ち、同年のドバイワールドCでは2着、マイルCS南部杯も勝ち、JBCクラシック競争で2着、ジャパンカップダートで勝ち、連覇を達成して、レパードSを勝った後に、G1で4勝、2着2回とダートで大活躍しています。また、2010年の勝ち馬ミラクルレジェンドは、G1勝利こそないものの、同年のG3で1着と2着に入っていて、G2では3着に入っています。さらに2012年もG3で1勝していて、大活躍とまではいかないものの、活躍しています。2011年の勝ち馬ボレアスは、同年のG2で3着と好走していて、今後が期待できる状況になっています。このように、レパードSをきっかけにダートで活躍するようになる馬が、今後増えていく可能性もあります。

 

2012年のレパードSでは、5戦3勝で3着1回の内田博幸騎手が騎乗するイジゲン、前走の大井競馬場のG1ジャパンダートダービーで、5着になったホッコータルマエ、デビュー戦を芝のレースで16着と惨敗してから、ダート路線に変更し、そこから4戦3勝で3着1回のナムラビクターなど、将来が楽しみな馬が多数出走していて、どのようなレースを見せてくれて、どのような勝ち方をしてくれるのかという点が見どころでした。結果は、2番人気のホッコータルマエが好位から抜け出し、3番人気のナムラビクターにクビ差で勝ち、重賞初勝利をあげました。まだ、認知度が高くはなく、注目度も高くないレースではありますが、今後、このレースで好走した馬が、G1を勝ったりするようになると、注目度も上がり、出走馬のレベルも上がっていき、さらに活躍する馬も出てくることでしょう。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら