競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > ラジオNIKKEI賞(GIII)

ラジオNIKKEI賞(GIII)

ラジオNIKKEI賞は、1952年に皐月賞の前哨戦として、4歳(現3歳)限定の別定戦の重賞競争、「中山4歳ステークス」というレース名で創設されました。創設当初は、中山競馬場の芝1800mで行われていましたが、1954年には芝2000mに変更され、翌年の1955年に芝1800mに戻されました。その後、1979年に福島競馬場の芝1800mに変更され、2006年にはハンデキャップ戦に変更され、現在に至っています。出走資格は、1972年に外国産馬に開放されたものの、1984年に出走できなくなり、1992年に再度外国産馬に開放されたものの、2001年にはまたもや出走できなくなり、2005年からは外国産馬にも開放されています。地方馬は1997年に、外国馬は2009年に開放されました。レース名は、1959年に日本短波放送から寄贈賞の提供を受けたことで、「日本短波賞中山4歳ステークス」に変更され、1961年には「日本短波賞」に、1979年には、日本短波放送の愛称が「ラジオたんぱ」となったことから、「ラジオたんぱ賞」になり、2006年に現在の「ラジオNIKKEI賞」に変更されました。

このラジオNIKKEI賞は、ダービーに出走できなかったり、好走できなかった馬が出走する傾向にあり、さらに1955年から1967年までは、ダービー優勝馬が出走できない規定になっていたことから、「残念ダービー」と呼ぶ人もいます。しかし、ラジオNIKKEI賞の勝ち馬から、実力馬が出ていないわけではなく、1992年の勝ち馬シンコウラブリイは、同年のマイルチャンピオンシップで2着、翌年の安田記念で3着、マイルチャンピオンシップで1着になっていて、1994年の勝ち馬ヤシマソブリンは、同年の菊花賞で2着になり、2007年の勝ち馬であるロックドゥカンブは、同年の菊花賞で3着になっています。

2012年のラジオNIKKEI賞は、青葉賞で4着に入り、前走のオープンレースである白百合Sでも2着と好走が続くヤマニンファラオ、地方からの刺客サンレイレーザー、弥生賞3着のアーデントなどが、今後に向けてどのような走りを見せてくれるのかということと、デビューが同年3月とロックドゥカンブと同じで遅かったものの、4戦して全戦で複勝圏内に入っているファイナルフォームの実力は、どれほどのものかということが見どころでした。結果としては、ファイナルフォームが2着に2馬身差をつけての圧勝で、今後が非常に期待できる内容でした。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら