競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > プロキオンステークス(GIII)

プロキオンステークス(GIII)

プロキオンSは、1991年に5歳(現4歳)以上の別定戦のオープン競争として、現在と同じ「プロキオンステークス」のレース名で創設されました。創設当初は、中京競馬場のダート1700mで行われていて、1994年にハンデキャップ戦に変更され、1996年には、阪神競馬場のダート1400mで行われる、別定戦の重賞競争となりました。さらに2000年に出走条件が4歳(現3歳)以上に変更され、2012年には、中京競馬場のダート1400mに変更され、東海テレビから優勝杯を提供されるようになったことから、「東海テレビ杯プロキオンステークス」に変更されました。一般的には「プロキオンS」と略されます。出走資格は、2005年に外国馬に開放され、外国産馬と地方馬は、創設当初から開放されていました。

このプロキオンSは、開催時期が6月や7月であることから、G1に直結するレースではないものの、夏のダート重賞路線の重要な競争と位置付けられていて、秋のダートG1に向けて賞金を加算したい馬や、調整の為にレースを行っておきたい馬などが出走してきます。過去の勝ち馬の成績を見てみると、2000年の勝ち馬ゴールドティアラは、同年の盛岡競馬場のG1マイルチャンピオンシップを勝っていて、2002年の勝ち馬スターリングローズ、2005年の勝ち馬ブルーコンコルドは、同年のJBCスプリントを勝っています。さらにブルーコンコルドは、このプロキオンSがダートの重賞初勝利だったのですが、翌年以降も活躍し、盛岡競馬場のG1マイルチャンピオンシップ、JBCマイル、東京大賞典競争、かしわ記念などを勝ち、引退するまでにG1を7勝しました。このように、秋以降の地方を含めたダートG1に向けて、非常に重要なレースになっています。

2012年のプロキオンSは、オープン競争を2連勝で上がってきたファリダット、フェブラリーSで2着のシルクフォーチュン、3戦連続複勝圏内のテイクアベット、前年の武蔵野Sで3着となり、前3走は全て複勝圏内のアドマイヤロイヤルなどが出走し、実績馬としてはシルクフォーチュンぐらいですが、その他の馬は、今後が期待できそうな馬たちとなっていて、今後のダート路線に影響を与える馬は出てくるのかが見どころでした。結果は12番人気のトシキャンディが逃げ切り、2着に4番人気のアドマイヤロイヤル、3着に1番人気のファリダットとなりました。勝ったトシキャンディは、重賞初挑戦で初勝利となり、6歳ではありますが、今後が楽しみな結果となりました。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら