競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > フェブラリーステークス(GI)

フェブラリーステークス(GI)

フェブラリーSは、1984年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップ戦の重賞競争として、「フェブラリーハンデキャップ」の名称で創設されました。創設当初は、東京競馬場のダート1600mで行われていて、開催場と距離は現在まで変わっていません。負担重量は1994年に別定戦に変更され、さらに1997年には定量戦に変更になりました。グレードは、創設当初G3でしたが、1994年にG2に昇格し、それと同時にレース名も現在の「フェブラリーステークス」に変更されました。さらに1997年には、ドバイワールドカップに向けての、日本国内の前哨戦という意味合いから、ダートのG1レースが必要ということで、G1に昇格し、現在に至っています。

フェブラリーSは、G1に昇格する前から、ダート路線における重要なレースに位置づけされている上に、ドバイワールドカップなどのレースが3月末に行われることから、フェブラリーSをステップレースとして利用することもあり、ダートの実績馬が多数出走しています。実際にフェブラリーSをステップレースとして使用し、ドバイワールドカップに出走した馬としては、2001年にフェブラリーSで3着になったトゥザビクトリー、2011年に2着になったトランセンドがいて、2頭ともドバイワールドカップで2着に入っています。国内で活躍した馬としては、1995年にフェブラリーSを含めて、ダート重賞6連勝したライブリマウントや、エリザベス女王杯を勝ちながら、ダート路線に転向し、このレースを含めて重賞7連勝したホクトベガ、2008年の勝ち馬で、JRA史上最多のG1を9勝したヴァーミリアン、芝・ダートを問わずG1を勝ち、このレースを含めてG1を4連勝したアグネスデジタルなどがいます。

2012年のフェブラリーSは、前年このレースを勝ち、ドバイワールドカップで2着に入り、その後もマイルCS南部杯・ジャパンカップダートとG1を2勝したトランセンドに、前年のジャパンカップダートで2着に入ったワンダーアキュートや、同レースで3着に入り、2010年にはフェブラリーSを勝っているエスポワールシチーなど、他の馬が勝てるのかが見どころでしたが、結果は7番人気だったテスタマッタが勝ち、トランセンドは7着に沈みました。フェブラリーSは、今後も地方・中央問わずダートで活躍する馬達が、日本のダート路線の頂点を目指して戦うところが、見どころになります。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら