競馬予想No1 > 重賞解説(JRA(日本中央競馬会)が開催している重賞レースの解説一覧) > フィリーズレビュー(GII)

フィリーズレビュー(GII)

フィリーズレビューは、1967年に桜花賞トライアルレースとして、4歳(現3歳)牝馬限定の馬齢重量の重賞競争で、「阪神4歳牝馬特別」というレース名で創設されました。創設当初は、阪神競馬場の芝1400mで行われていましたが、1975年に芝1200mに変更され、1979年には芝1400mに戻されました。レース名については、1983年に報知新聞社から優勝杯が提供されるようになったことから、「報知杯4歳牝馬特別」に変更になり、2001年に現在の「フィリーズレビュー」に変更になっています。出走資格は、1995年に地方馬に、2004年には外国産馬に開放されています。また、桜花賞トライアルレースとしての優先出走権は、創設当初は5着までの馬でしたが、1991年に3着までに変更されています。

フィリーズレビューは、桜花賞トライアルレースの中で、最もグレードが高いG2であり、桜花賞と同じ阪神競馬場で開催されることもあって、特に関西の有力馬が多く出走する傾向にあり、チューリップ賞やフラワーカップと同じように、桜花賞を狙う馬達の重要なレースになっています。このフィリーズレビューを勝って、同年の桜花賞を勝った馬としては、1969年のヒデコトブキ、1970年のタマミ、1974年のニットウチドリ、1975年のテスコガビー、1981年のブロケード、1985年のエルプス、1986年のメジロラモーヌ、1997年のキョウエイマーチ、2005年のラインクラフトがいます。さらにフィリーズレビューでは敗れたものの、同年の桜花賞を勝った馬も含めると19頭もいます。特に、1975年のテスコガビーは、オークスも勝っていて、1986年のメジロラモーヌは、オークス、エリザベス女王杯も勝ち、2005年のラインクラフトは、NHKマイルも勝つなど、同年のG1を2勝以上した馬もいます。

2012年のフィリーズレビューでは、5戦して複勝率100%で、阪神JFでは2着になったアイムユアーズ、デイリー杯クイーンCで2着になったイチオクノホシ、前年のファンタジーSで2着のアンチュラス、阪神JFで3番人気に推されながら、15着に沈んだラシンティランテの4頭が10倍を切る人気となっていて、この中から桜花賞の本命になりそうな馬が、出てくるかということが見どころでした。結果としては、アイムユアーズが勝ちましたが、桜花賞では好走しながらも3着、オークスでも4着と勝ちきれませんでした。しかし、内容は悪くはありませんので、今後の活躍が期待できそうです。

重賞解説一覧に戻る


★重賞レースも勝ちに導く情報会社ランキングはこちら